アウフヘーベン

 日々感じていることを勢いのままに述べていくようなブログに見えます、 アウフヘーベン=矛盾する二つの要素の融合 例 これは円である+これは四角形である=円柱

2007-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラクエⅣ~ⅥがDSでリメイク決定!!

 いやまじ驚きましたわ、
 ↓ソース
http://www.new-akiba.com/archives/2007/07/46ds.html
 
 とりあえずDSが肥やしになりつつある私としてはうれしいことですよ、
 じつはFFはⅤのみ、DQは未経験だったりするわけで、
 つまり発売してもするかはわかりませんが、

PS Ⅸ延期フラグ?

一応情報
DRAGON QUEST IV
発売日/今冬
価格/未定
発売/スクウェア・エニックス
開発/アルテピアッツァ
機種/ニンテンドーDS
ジャンル/RPG

DRAGON QUEST V
発売日/未定
価格/未定
発売/スクウェア・エニックス
開発/アルテピアッツァ
機種/ニンテンドーDS
ジャンル/RPG

DRAGON QUEST VI
発売日/未定
価格/未定
発売/スクウェア・エニックス
開発/アルテピアッツァ
機種/ニンテンドーDS
ジャンル/RPG
スポンサーサイト

選挙結果

 相変わらずいつも少し遅れた更新ですが気にしないでください、
 参議院選挙で歴史的惨敗した自民党、そのリーダーである安部首相が選挙結果を見ていった言葉、
「国民の声は真摯に受け止めなければならない。今後とも責任を果たしていきたい」
 ・・・何という突っ込みどころ満載な言葉、
 まず前半と後半で明らかな矛盾が起きていますよね、受け止めたのなら辞めるという選択肢が出てきてもおかしくないのでは?
 どうやら選挙前から続投は決めていたようですが、臨機応変に選挙後に決めるというのも大人だと思うのですよ、
 そして「今後とも責任を果たしていきたい」という言葉、あなたいったいいつ責任を果たしたんですか、
 説明責任も果たせない子ども(大臣)をかかえつつ更迭のようなこともできない甘ちゃんな総理、
 年金の支給のための第三者機関を作ったことで責任を果たしましたか?
 1年で無理やり終わらせ跡のみんなは無効にして結局社保庁の大もうけで終わらすというのが見え見えなのにどうして国民が支持しようというのですか、
 というわけでどこで責任を果たしたのかまったくわかりません、
 どうしてやめれば次の人に丸投げになるが一応責任が果たせるということに気づけないんでしょうかね、
 
 まあどうやら後任がいないからというのも一因のようですが、
 日本てこんなだめでしたっけ?

はにかみトライアングル4

はにかみトライアングル〈4〉 はにかみトライアングル〈4〉
五十嵐 雄策 (2006/10)
メディアワークス
この商品の詳細を見る


 ちょっとした都合によりこの本のレビューをします、
 理由はこの部ログをかかさず見ている人が万が一にもいらっしゃいましたらわかるかもしれませんが、おそらくは難しいでしょう、
 作 五十嵐 雄策  絵 みずき  電撃文庫

 イツモノヨウニネタバレ

























 実はあんまり好きになれない作品、
 なんかあまりにも既存の作品から要素をとりすぎな気がしてしまうんですよね、
 もちろん今のラノべに既存の影響を受けていない作品なんておそらく存在しませんが、
 でもなんかね、

 ネコマタ娘(元気印)
 鶴女(おっとりとした巨乳)
 幼女(実は神様)
 ツンデレ幼馴染
 (ちなみに全員同じアパート)
 というのはどうも、どこのギャルゲーだよ、
で、この巻の話をしましょう、
 今回はみんなで北海道への修学旅行のお話です、
 そういえば高飛車お嬢様ってキャラもいましたね、
 最近出てきたんで忘れてました、

 この巻は鶴女がメインの巻でした、北海道だけに、
 まあもちろんあの3人はどこでもいろいろとやっていますが、

 私はこういうあまりにもハーレムは好きになれないのかもしれません、
 だから『私立!三十三間堂学院』とかも首をひねってしまうのかも、

 評価 ★★☆☆☆

最初で最後かもね

 自分に見えない世界を見てくれる人って、だって、それだけで貴重じゃない。

                『マテリアルゴースト4』より
                       作 葵せきな

サッカー

 サッカーの面白さって何なんですかね、
 あ、これはやるのではなく見るほうです、
 どうしても私には90分だらだらと見る神経が理解できないのです、
 もっとたくさん点が入ればなあ、なんて野球好きみたいですが別に私は野球もサッカーもそれほどではないです、

 あんまり入らないから1点の重みがあるんだ、という人もいますよね、
 すいません、そのとおりです、
わかっちゃいるんですけどね、

PS いつの間にか日本代表が試合しててしかも負けてました、
何してるんだよぉ日本、

PPS ちょっと迷惑っぽい米がきたのでずっと承認待ちにしときます、
 イシュマエルさん?ごくろうなことです、

なんだか時代遅れ

 どうして昨日書かないのかといわれてしまいそうですが、『ルパン3世 霧のエリューシヴ』のことでも書きます、
 すいません、昨日は書こうと思って寝てしまいました、
 で、今回は時代を移るということでほとんどフジコ出番なし、
 まあ私は必要以上の色気は作品の質を下げると思ってますので、いいのですが、
 それにしても向こうの時代の人はいい人が多かった、
 もちろん悪役は別ですが、おふみとか領主様たちとか、

 とまあいろいろ、で、私が言いたいのはタイムパラドクスのことについてです、
 私がタイムパラドクスネタを好きだというのは前に話したかどうか忘れてしまったのですが、そうなんです、
 この話はいろいろとタイムパラドクスネタがありましたね、
 でもまあ、つまりまとめると、
「いったいどこまで干渉すれば未来は変わるか」ということですよ、
 最後に次元がちらといっていましたがそのほかにもいろいろと突っ込みどころ満載だったジャないですか、
 まず過去の人を消したら未来の人は一人以上消えるんじゃないかとか、
 あの領主様(名前忘れた)って死んだんじゃなかったっけ、この戦で、とか、
 あと、ルパンがかかわった瞬間に未来が変わったということもあったような、
 
 つまりですね、
行った瞬間に変わるのか、
そこで実際に行動を起こしてから変わるのか、
最初から変わっているのか(この場合どうして未来へ行ったかという疑問が残りますが)

といったことですよ、
 学者ってどのように考えてるんでしょう、
 タイムマシンなど不可能とか言って切り捨てているのでしょうか、ちょっと気になる

ぷいぷい3!

ぷいぷい3! ぷいぷい3!
夏 緑 (2006/10)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る


 日付は変わってしまいましたがレビューは元気です、
 作 夏緑  絵 なもり  MF文庫J
 またシリーズ物を連続して書いてしまっていますね、すいません、
 ちなみに前巻のレビューは↓
http://0805267.blog90.fc2.com/blog-entry-101.html
です、もしよければどうぞ、

 唐突にネタバレ



























 で、今回の巻も面白かったです、
 一般に私は好きな作品ほど読み進めていくうちに評価が厳しくなっていきます、
 当たり前ですよね、好きな作品なら面白くあってほしいと思うのは自然なことです、たぶん、
 いつものようにといってもまだそんなに読み進めたとはいえないですが、何しろまだ3巻、
 で、今回は陣とシエラがいきなり旅行に、といってもお互い行き先は別々だったはずなのに途中で一緒になりいつの間にやら、というかいつものシエラのわがままに陣も付き合わされることになり、・・・
 書いてて気づきましたが違いますね、
 結局二人は当初の陣の目的地である伊勢志摩へと行きます、
 そこで買い物したり(これはいろいろと見逃せません)、陣がシエラの風呂の見張りというかパシリをさせられていたり、魔王が出てきたりします、
 それにしても一緒の部屋に寝たり、GW中ずっとデート(名目上は散々つれまわされたお詫びに伊勢志摩を案内しろというシエラの命令)したり二人は結構仲いいですね、
 というはなしと、『副会長がんばる』という話と、帯に書いてある『舞花とシエラの料理対決』(なんか対決はしていない気もしますが)の3本立てです、
 今回もラブコメの中にギャグが入っていて面白かったです、
 ルイズに似てるって?
 いいじゃないですか、面白いものは面白いのですよ、
 今回はきちんとネタバレしましたね、よかったよかった、

 評価 ★★★★★
 連続ですいません、甘くしているつもりはないので今回は豊作だったということで、

ゆとり

 なんか前にも書いた気がしますが気にしないでください、
 掲示板(主に見るのは決まってますが)を見てると、
 とりあえず「ゆとり~」だとかいうやつが出てくるんですよね、
 自分はゆとり世代じゃないから頭がいいと勘違いしていて、さらに自慢したいような20代のやつが多いんじゃないでしょうかね、
 かわいそうな人たちです、
 自分が馬鹿だと気づけない馬鹿が一番始末が悪いというのに、

 ちなみに私は自分が馬鹿だと気づいています、
 こういう記事を書いている時点で馬鹿でしょう、

PS 無駄に連続更新していますね、そろそろやめないと、

PPS 久しぶりのブログ拍手がありました、えーと記事は
アスラクライン
http://0805267.blog90.fc2.com/blog-entry-59.html
 別に最近新刊が出たわけでもないですし、でもまあうれしいことです、
 

8月は忙しそうです

 何しろ新刊が大量に出るんですから、
 別にコミケのことじゃないですよ、
 ラノベのことです、
 まず10日に電撃文庫
『灼眼のシャナⅩⅤ』
『13番目のアリス』
 上の二つは買うの決定です、過去の記事を知っているのならわかると思いますが、
 で、25日にMF文庫Jが出て
『ゼロの使い魔12』
『ネクラ少女は黒魔法で恋をする5』
『ぷいぷい6!』
とずいぶん豊作な月です、
 これは8月はいろいろな意味で忙しそうです、
 もしかしたらというかたぶん漫画も買いますし、
 と、その前に既刊を早く読んでいかないと、
 差をつけられてはいけません、

マテリアルゴースト 3

マテリアルゴースト 3 マテリアルゴースト 3
葵 せきな (2006/09/20)
富士見書房
この商品の詳細を見る


 あんまり続きものを連続してレビューで書いていくのもどうかと思いますが今回もよかったのでまあ許してください、
 作 葵せきな  絵 てぃんくる  富士見ファンタジア文庫
 ではいつものように
ねたばれ




















 今回のもよかったといましたが実は今のところ今回が一番好きです、以下理由、
 今巻は前までの巻で蛍がちらちらといっていた妹、傘(サン)が登場します、
 これまでの描写でも多少はお兄ちゃんっ子だというのはわかっていましたが、まああの兄弟はずいぶんと仲のいいです、
 ユウよりもスキンシップをとるというのもどうかと思いますが、
 そしてもう一人この巻で登場する重要人物が鈴音の姉、深螺です、
 彼女は巫女の才能に長けており蛍に会いにきたのもそれと関係があります、
 そして深螺の口から蛍に語られる真実、そして傘に隠された秘密、それによって終盤は盛り上がりを見せます、
 さらにエピローグ、この間では明らかに続くといった感じで終わらせましたね、

 んー、なんか中途半端なネタばれ、まあいいか、
 で、この巻ですが、ちゃんと最後に蛍が生きるのを選択してくれたのが私にはいちばんょかったです、
 正直あんまり「死にてえ」とつぶやかれてもうざいだけですしね、
 そういうわけで、

 評価  ★★★★★

サイゾークサイゾー

 1日に投稿する記事は多くても二つくらいがいいですかね、
 残りはもし覚えていたら後日ということで、
 わすれたら記事にも書かないので読む人は気になりません、

 さて、今月号の『サイゾー』インフォバーン㈱ですが、大特集(30ページくらい割いています)で「オタク ギョーカイの闇」というのをやっています、
 そこの51ページに松本零士氏のインタビューがあり、題して「漫画大国ニッポンの未来松本零士が問題点を語る」となっています、
 そのなかで「世界中がそうだから著作権を70年にしろ」
「漫画家をはじめ創作者たるものは、剣をペンに持ち替えた永遠の浪人なんです(ここはママ)」
とかいっています、私がもし作品を作ったら50年後ならまだ生きてるかな、多分、でも70年後なら生きていないだろうな、なんてことはどうでもいいのです、

 話は同人誌に及び、
メーテルはエロ同人誌にたびたび模倣されているが本人は大目に見ようというのはいいのですが、
「(中略)私をはじめ漫画家のほとんどは決してお金目的ではなかった。『ドラえもん 最終話』のようなものは、営業妨害につながります。プロの創作者なら絶対そんな真似はしない。自分から奈落に進んでいくような行為です。昔から盗作騒ぎはありましたが、問題になった作家は結局は消えています。」(原文ママ)

 とりあえず突っ込みどころ多い、
>永遠の浪人
 著作のような世界観ですね、
>私をはじめ漫画家のほとんどは決してお金目的ではなかった。
 同人作家が金を取っているのはすべてお金儲けだと思っているんですか?
 日本中には非常に多くの作家がいます、その中で売れている人なんてほとんどいません、
 そんななかで同人作家の皆さんは自分の財布からがんばって印刷代を出しがんばっているんじゃないですか、
 そんな人のお金回収も奈落のそこへ落ちていくんですか、
 結局それは金持ちの上から目線にしか聞こえないのは私の性格がひねくれているからでしょうか、
 すくなくともすべての同人作家を悪いというように言うのはやめてもらいたいものです、

PS ちなみに私は氏の作品は好きですよ、『999』

PPS 最後に
>著作権問題だけでなく、高校時代に憧れていた脚のきれいな女の子との逸話、南米旅行中にピラニアを刺身で、ワニを丸焼きで食べた武勇伝など、2時間に渡って気さくに語ってくれた松本零士先生、

 インタビュアーさんお疲れ様です、
 それは気さくというより(ry

 久しぶりに長い記事ですいません、

まあいろいろと

 らき☆すたが消えたとかそういう言いたいことがあったと思うんですけど1日たつと忘れてしまうものですね、
 まあ私としてはOPが消えたところで別に害はないですが、
 だってあの動画最近では、といってもあんまり日常的に見に行ってはいませんが、アンチとチャットしかいなかったですよ、
 それにああいう動画が1位になるとさすがにいろいろとまずいんでしょうね、
 もうすでに十分まずいといういのは置いといて、
 本編もどんどん消されているし、
 
 まあ別にアニメ制作会社をかばうわけではないですが、さすがに1本丸まるというのはまずいでしょうね、
 
 というか有名どころに著作権法違反を押し付けて裏でBCやるというのもね、
 有名どころというのはもちろんnyもはいりますよ、

 なんだ、結局いってしまった、

滑舌

 さて、熱い気分で語った後はどうでもいいことを、
 今日食事のときの飲み物の注文で
「コーラフロート」と言ったんですよ、
 そしたら向こうの店員さんが
「はいメロンソーダね」と言ってきまして、
 いよいよとうとう自分の滑舌の悪さは心配しなければならないレベルにまでなってしまったのでしょうか、
 それとも脳の神経でしょうか、たしかにコーラフロートといったと思うんだけどなあ、
 
 謎です、

新潟地震に関して

 ちょっといいたいことを言わせてもらいますよ、
 テレビであの画面を見て「まあ大変」とか何とかほざいているおばさん、そういうのって明らかに自分は向こう側の人間ではないという感じですよね、
 もちろん向こうに親戚がいないし別にこっちは揺れてないしとか言われたらまあいいかとも思いますが、
 私が言いたいのは心から思っていないような言葉で向こうを理解したという風には思ってほしくないということです、
 それではただの偽善者となんら変わりありません、
 ちなみに私はこの地震の報道を見て、自分には何もできないという無力さを散々味わっています、
 お金や物資だけではないと思うのですよ、

 

Extended Editionって

 まずは↓のページを見てください、
http://www.shakugan.com/movie/release/index.html

 引用しますと
>劇場公開時にカットされたシーンを加え、再ダビングを加えたディレクターズカットとして登場!!

>■ディスク1・ディレクターズカット版ディスク
> 内容:本編(約90分)
>※劇場公開版にやむなくカットしたシーンを加え、再ダビングを加えた完全版。

これを見たら私と同じことを思う人がきっといるはず、

でもまあそんなことをしたらただの地上波劣化版になっていたのは目に見えていますし、よかったのかな、

わーいわーい

 あんまり自分の近くで起こったうれしいことなんて書いても面白くもないと思いますがすみません、
 うれしくって、

 なんと、20名さまプレゼントの雑誌の懸賞が当たったのですよ、
 えーと、言ってしまいますと、ドラゴンエイジpure(たしか)4号の最初の方に出ていたテレホンカードプレゼントというやつです、
 たぶんいとうのいぢのやつは競争率が高いと思ってあきらめて『殺×愛』のやつにしたからでしょうか、
 すっかり忘れているころに来るというのがうれしくて、これだから懸賞はやめっれませんね、
 
 べつに画像うpはしませんよ、
 無駄にページが重くなってしまいますし、


 すいません、面倒なだけです、

まんが極道

まんが極道 1 (1) (BEAM COMIX) まんが極道 1 (1) (BEAM COMIX)
唐沢 なをき (2007/05/25)
エンターブレイン
この商品の詳細を見る


 今日3つ目ですが気ににしないでください、

 いきなりですが私は唐沢なをき氏の漫画は好きなんですよ、
 あの独特の手抜きと間違えられそうな絵、
 そして独自のギャグセンス、
 ほかの人にはまねできないと思いますね、
 それがこの巻でも十分発揮されていました、

 ネタ・バレ















 この漫画はいわゆる漫画家やその編集、アシスタントのいかにもありそうな(?)おはなしです、
 それにしても枕営業なんてあの事件を予期していたのでしょうか、
 さすが、
 あとはずいぶんと富○がネタにされていたような、
 わかりやすいから心に残るんですかね、
 
 あとは、まああんまりすぐに下ネタに走らないのであれば文句はありません、
『電脳炎』くらいだったらいいなあ、

 評価  ★★★★☆

ムシウタ 05.夢さまよう蛹

ムシウタ 05.夢さまよう蛹 ムシウタ 05.夢さまよう蛹
岩井 恭平 (2005/06/30)
角川書店
この商品の詳細を見る


 久しぶりのラノベレビューな気がします、
 別に読むのをやめていたというわけではないんですが、

 作 岩井恭平  絵 るろお  角川スニーカー文庫

 なんか飛ばしてない?という突っ込みはなしでおねがいします、
 この前気づいたんですがこれのbugシリーズって外伝だったんですね、
 てっきり無印が終わっていて続編的立ち位置にあるものだと思っていました、
 寝たばれ



















 あんまり死ななくなってきましたね、
 あんまり殺してほしくないというようなことをこれの2巻のレビューで書きましたところ、友人に
 「でもあんまり不自然に生きつづけるのも嫌い」というようなことを言われてしまいました、
 確かにそういう考えもありますね、今度からもう少し考えよう、
 でもこの作品の中では今のところ死ぬ率が減っているような気もしますが、
 で、5巻は4巻の直接的な続き物です、
 この巻では大介の姉千晴が主役ですね、
 過去の回想シーンが頻繁に入ってきて二人の過去が少しずつ明らかにされていきました、
 ただあんまり場面がカシャカシャ変わりすぎるというのも読むほうとしては大変なんですよね、
 で、この巻ではどうして大介が虫憑きになったかということが明かされます、
 こういうことだったんですね、
 はじまりの三匹との邂逅、さらにむしばねの動き、いろいろなものから目が離せないといった感じですか、
 ただあんまり言葉が乱れているのは私は好きではないのです、
 あとは同じ言葉を繰り返すとか、

 評価  ★★★☆☆

ナ・バ・テア

ナ・バ・テア ナ・バ・テア
森 博嗣 (2004/06)
中央公論新社
この商品の詳細を見る


 なんだか怠けてしまってあんまり更新できていませんね、
 今月中はちゃんと更新しようと思っているのに、

 で、今回は
 作 森博嗣  中央公論新社

 たまにはこういう本を読んでみてもいいですよね、
 これはスカイ・クロラシリーズの第2作です、
 といっても実を言うと1作目を読んだのがもう2~3年位前のことになっていたので、正直あんまり覚えていませんでした、
 おかげで新鮮な気持ちで楽しめたとは思いますが、
 あと、」ハードカバーが高いという人はノベルス版や文庫版もでているのでそちらにしてはどうでしょうか、

 ネタバレ





















 相変わらず装丁のきれいな本です、全5作を並べたらけっこう映えるんじゃないでしょうか、
 まあそれはそうと、今回はカンナミ・ユーヒチ(前作の主人公)は出てきません、
 その代わり今回の主人公は前回ユーヒチの上司だった草薙水素です、
 今回も彼ら子供たちはそれで戦っています、
 戦うと言うことはいなくなっていく人もいます、
 
 というそんな感じが永遠と続いていくような感じでしたね、
 あとは整備士と町へ繰り出したとか、
 大事なのがティーチャの存在です、
 彼の存在が水素の心の比重を増していきます、

 で、それなのになんだか中途半端に終わってしまいましたね、
 まあ続きものなんだから仕方のないとは思いますが、

 うん、これならわからないでしょう、

 評価 ★★★☆☆

おざわあ

 ニコニコ動画でせっかく配信されるということだったから見てみたのにコメント書き込めない、
 どういうことでしょう、
 これじゃどのサイトでも変わんないよ、
 
 どうやらその措置の前にはなにやら住人が何かやったらしいのですが、
 私はそれに参加できませんでした、って当たり前か、
 というか参加できた人って・・・
 
 それにしてもさすが小沢代表、
 HP50攻撃50防御50は伊達じゃない、
(何か専門の単位があった気がしたけど忘れました)

桃色に染めなくても

 とりあえずコメントに対する返信を、
 後で追記します、
 
>>てくてくさん
 このページアウフヘーベンとか言っている割には単語の説明していませんでしたね(^ ^;) すいません、

 というわけで足しときます、トップページに、

PS 7月8日24:00追記
 ちょっとした愚痴を聞いてください、
「エレオノール・アルベルティーヌ・ル・ブラン・ド・ラ・ブロワ・ド・ラ・ヴァリエール」
「カトレア・イヴェット・ラ・ボーム・ル・ブラン・ド・ラ・フォンテーヌ」
 長すぎ・・・どういう意味なんでしょう?

PPS 『海をみあげて』というのを絵に惹かれて買ってみました、
 なんと、宮崎駿氏に強い影響を受けていると書いてありました、
 だからか、

あゆまゆ

あゆまゆ 1 (1) あゆまゆ 1 (1)
しおたろう (2007/07/06)
秋田書店
この商品の詳細を見る


 なんか早く書くと別に誰かと戦っているわけではないんですが、なんとなく勝った気になります、
 要するに自己満足ですね、
 で、その自己満足から今日は久しぶりにレビューを、

 シナリオ 絵コンテ しおたろう  原案 漫画 鈴野哲次

 いつものように
 ネタバレ


















 幼いころに妹と別れた主人公、年月が過ぎてまた一緒に住むことになった、
 しかしその家に言ってみると家は豪邸でさらに妹らしき子が二人?
 いったいどっちが本物の妹なんでしょう?
 という漫画です、1話はそんな感じ

 1巻は一話完結な感じが強いです、だからなんとなくワンパターンな感じに感じてしまいました、
 でも私はこういうラブコメな感じが好きです、

 なんだかいつ終わってもおかしくないような感じですががんばってほしいです、

 後一応キャラクターの性格
 主人公 熱血漢馬鹿
 あゆ  ツンデレ
 まゆ  優しい 少し抜けてる
 こんな感じですかね、

 評価  ★★★☆☆

批判続き

 別にタイトルは今の内閣をあらわしたものでは決してありません、
 さっきの続きです、

 ネット上で敬語を使っていると必ずといっていいくらい(敬語で話しましょうと決めている掲示板とかブログとか除いて)「ゆとり」という言葉が目に付きます、
 いや、まあ2chとかニコニコとかに限定されているのかもしれませんが、
 とにかくうるさいですよね、
 文句を言うことで英雄とか正義の味方にでもなっている気なんでしょうか、
 そっちのほうがよっぽどゆとり、

 で、この記事を書いていて気づきましたがこのページって文章が敬語ですね、
 だからゆとりといわれるのはものすごく心外です、

無題ってさびしい

 最近あまり更新できていない状態がありますが、ただなまけているだけで体調は良好です、
 ただパソコンは・・・まあちょっと不都合がありますがいいと思います、現時点でも大活躍してもらっていますし、

 で、今日の話は
 というか本のレビューを書けばいいんですよね、
 実のところ読んでいる本もありますし、というわけで今度書きます、
 今回は別の話し、

 何でもかんでも批判する人っていますよね、
 人にその人にしかわからない愚痴をこぼすくらいにいらだちます、
 批判ってたとえば何かをやったときに批判するとか、そううときってまずはねぎらいの言葉を書けてあげないと、

「部長、頼まれていた企画書できました」
(無言で受け取り目を通している)
・・・しばし後・・・
「だめだなこれは、まず~がなってない、それから云々かんぬん・・・」
 なんてことになったらやる気をそがれてしまいますよ、
 それをわかっていない人が多すぎます、

そうそう、批判続きということで次の記事に続きます、

ただしいこと

 たとえば規律を守ろうとする人がいたとします、
 なんて書いてしまうと「これ実は実話だろ?」とか言われてしまいそうですが、惜しいですがちょっと違いますね、
 それが結果的に内部分裂を生み出していることに気づいていないというのは困り者です、
 静かになったように思えますが、結局はみんなが爆弾を溜め込むようになったというだけです、
 それが規律へとつながっていくのでしょうか
 さらに困ったことにそういうことをする人は自分が正しいと思い込んでいるから曲者です、
 人間の思い込み効果というものは絶大であり、耳が貝になってしまうことがよくあります、
 そういう人にはもう何を言っても届きません、
 もうその人がいなくなるまで待つしかないのですよ、

PS 結局メガミマガジン買いました、
 ピンナップが多いですね、

今期のやつ

 で、どうして私がこんなに放送日に疎いかというと、私はこれまで、というか1年位前から『アニ
カンR』を買っていたわけですよ、
 まあまあ値段も手ごろですし見やすかったし、
 タブロイド型になってなんだか読みにくくなってからもつづいていたわけなんですが、なんだか今回は附録をつけたらしいじゃないですか、
 CDでしたっけ、
 売り上げ低迷のてこ入れ策なんでしょうが、私にとってはただ高くなるだけなんですよね、興味なし、
 なので今回は買っていないんですよ、

 さて、今回はどこの雑誌を買いましょうか、どこがいいかな?



PS ヤス氏の『五月性滅亡シンドローム』を買ったんですが、amazonにないみたいで写真がなくなんとなくレビューする気になれません、
 写真が来るまで延期ということで、

おひさしぶりです

 ようやく落ち着いてきたので書くことができます、
 いやー今回は本当に困りまして、いちどOSを入れなおすくらいに困っていました、
 しかもそのせいでまだOfficeが復旧していません、
 まあそんなのすぐに直りますが、

 で、そのせいで6月の目標記事30件を達成できませんでした、
 まあこのくらいがいいかな、

 で、全国的には今日くらいから『ななついろドロップス』が始まりますね、私の住んでいる地域ではどうか知りませんが、
 私としてはあのOP曲が好きなので(前書きましたよね)それを活かしてくれていればいいです、

 続く

///

いっぱいいっぱい

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

スパイシーからあげ

Author:スパイシーからあげ
二人乗りの車っていいよね、助手席に荷物置けば簡単に手が届くしたくさん荷物もってけるし、駐車場にも止めやすい、
と、本気で思っている人間

 
 

FC2 Blog Ranking

 現在コメント機能凍結中なので感想コメント等は拍手ボタンを使ってください 
 (6月追記一番上の記事のみコメント投稿可能になっています)
 基本リンクフリーですが知らせてもらえるといとうれしです
現在このページにリンクを張っていただいているブログを2つ確認していますが、 要請がない限りこちらからはリンクは張りません、




無料レンタル





一日の最高アクセス数 88人 2008年8月11日
カレーラムネのおかげかと思ってたら電撃文庫総合目録2008のおかげでした

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。