アウフヘーベン

 日々感じていることを勢いのままに述べていくようなブログに見えます、 アウフヘーベン=矛盾する二つの要素の融合 例 これは円である+これは四角形である=円柱

2007-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国のって怖い

 今日外国のキャンディーをなめてみたら薬の味がしました、

 ただそれだけのこと
スポンサーサイト

ぷいぷい7!

ぷいぷい7! (MF文庫 J な 1-23)ぷいぷい7! (MF文庫 J な 1-23)
(2007/12/20)
夏緑

商品詳細を見る


 さっそく読み終わりました、
 順番をすっ飛ばして読んだので、
 作 夏緑  絵 なもり  MF文庫J
 夏緑氏って確か頭がいいんですよね、
 まあこんな小説だけでなくゴルゴ13の脚本やってたり漫画原作をやってたりしている時点ですごいですが、
 みならいたい、
 それはそうとネタバレ























 楽しみにしてました、
 前回留年の危機?となってしまったことの続きから始まります、
 シエラが大変な時に近くにいない陣は何をしているかというと、なんとアルフと旅行?
 
 といってもシエラを忘れているわけではなくちゃんと考えていますよ、
 というか自分の研究も持って行って一石二鳥ですね、
 シエラの両親を帰国させるために頑張る陣、なんかツンデレなきがしてしまうのは自分だけでしょうか、
 そんなわけでこの巻ではシエラの両親が出てきます、
 父親は前出ていたけど母親は初ですかね、母親が家庭の中心という感じ、

 あとこの巻の注目は氷室江利子、
 よかったですね、いつの間にか応援する側に入ってました、
 あと本田聡子もよかったです、ただ不気味なだけではないんですね、

 何か全然ネタバレしてない気もしますが、この話ってぜひ自分で読んでほしいんですよね、
 具体的には先の二人と、召喚しなくてもよくなってからの人とシエラの関係とかその辺を

 評価 ★★★★☆

ミミズクと夜の王

ミミズクと夜の王 (電撃文庫 こ 10-1)ミミズクと夜の王 (電撃文庫 こ 10-1)
(2007/02)
紅玉 いづき

商品詳細を見る


 読み始めるのに10カ月もかかるとは・・・
 来年2月にはまた大賞が出るというのに・・・
 とまあ時間がかかりましたが気を取り直してレビューです、
 
 作 紅玉いづき  絵 磯野宏夫  電撃文庫
 第13回電撃小説大賞大賞受賞作品です、
 昨年の『お留守バンシー』は個人的に好きな作品ですし、さすが電撃といったところでしょう、
 まあ『エミリー』も別の賞ですが対象なんですけどね・・・
 それはそれとしてネタバレ



















 最初に言ってしまいますと、ミミズクというのはあの鳥のことではありません、
 表紙に書いてある女の子が自らをミミズクと名乗っています、
 その女の子はわけありのようで、「自分を食べてよー」と森の魔物の王(ミミズクはフクロウと名付けました)にお願いするくらいです、
 そんなミミズクが 森に居る理由は途中で明らかにされますが、どうやら奴隷のように働かされていたようです、
 そして森の王も少し心を開いてきたころ事件が、
 ミミズクの存在に気づいた王様が魔王討伐といっしょにミミズクの保護をしようとします、
 そして無事?に保護され 魔王も捕まります、そのときミミズクは魔法で森の出来事を忘れていました、

 そして記憶に魔法がかかっていることに気づいたおさまが何かして記憶を取り戻させると、ミミズクは混乱します、
 記憶を失っていた時とは全く別のミミズク、
 それから全く触れてませんでしたがそのほかに王様の息子(体に障害があるらしく自分では国を治められる自信がない)や、騎士(王様の友人のような立ち位置、ミミズクを自分たち夫婦の娘にしようと考えている)などという人物が出てきます、
 
 とまあクライマックスは省略ですがこんな感じです、
 魔物の王はやさしいですねそれにしても、
 息子を治してあげたり、結局はミミズクを受け入れたり、

 この本には途中の挿絵がないですが、なるほど確かに必要ありません、
 自分たちでミミズクは創造(想像)すべきです、(表紙くらい許してください)
 あとラブストーリーではないと思いますね、文末の作品紹介では書いてありますが、
 ミミズクの感情は男女のラブではないと思います、
 もちろん家族とか大事な人という意味でラブなのかもしれませんが、

 評価 ★★★☆☆
 いつにも増してわかりにくいレビューですいません、

鉄球姫エミリー

鉄球姫エミリー (集英社スーパーダッシュ文庫 や 2-1)鉄球姫エミリー (集英社スーパーダッシュ文庫 や 2-1)
(2007/09/25)
八薙 玉造

商品詳細を見る


 珍しくスーパーダッシュ文庫です、
 あまり読まないのですがレーベルで差別なんてあってはならないことですし、大賞と書いてありましたし、絵にもひかれたので読んでみました、

 作 八薙玉造  絵 瀬之本久史  スーパーダッシュ文庫
 では中途半端なネタバレ























 少し期待して読み始めましたが、えーと随分と文章が硬いというか重いですね、
 他の本と比べて読むのに時間がかかりました、
 といっても普通の小説と比べればなんてことはありませんが、
 では話の内容ですが・・・
 うーん自分はそれほど好きになれませんでした、
 あらすじとしては姫(エミリー)とその側近というか従者がいて、そこに暗殺騎士とでもいうのか一味が来るという話です、
 なので多少死人が出てしまうのは仕方のないことなのですが、わたしは主要登場人物にはそんな簡単に死んでほしくはないのです、前かきましたが、
 なのに主要の味方の人のうち、5人中3人が死んでしまうというのは、どうにも、
 もちろんそれにより話に広がりを持たせて、よりリアルに表現しているのだろうと思います、
 それでも最後で エミリーの心は晴れやかだった のように終わるというのは、仕方のないことですが変えてほしかったです、
 もちろん主人公が落ち込んだままでは小説としてだめですが、
 
 まだ2巻を読んでないんですよね、
 2巻であっさりと似たような新キャラを出すようでしたら、この小説は☆ひとつになります、
 でもまだ☆ひとつに近い

 評価 ★★☆☆☆

電車の中

 電車の中ではなく駅のホーム付近での出来事
 電車から降りて電話してる人
「今仕事が終わったところなんですよ~」

 ・・・そうか、電車の中で仕事してたのか、大変な人だ

 愛がない人と聞いて思い浮かべるのは?
 
「無表情に早足で歩いて行く人」

サーセンww

れでぃ×ばと!

れでぃ×ばと! 5 (5) (電撃文庫 こ 8-11)れでぃ×ばと! 5 (5) (電撃文庫 こ 8-11)
(2007/12/10)
上月 司

商品詳細を見る


 いつのまにか『乃木坂春香』がアニメ化決定、別に驚かないですけど、
 『はにかみ』よりはまだオリジナリティーがありますから、

 となると、これも来るんじゃないでしょうかね、

 何度か書いたことありますが、これはハーレムラブコメと言えるのではないでしょうか、
 複数のヒロインから好意?を寄せられているわけだし、
 それでまだ新キャラいるんですか・・・

 こういう絵師の奴ってアニメ化する気がします、

ギロチンマシン中村奈々子―義務教育編

ギロチンマシン中村奈々子―義務教育編 (徳間デュアル文庫)ギロチンマシン中村奈々子―義務教育編 (徳間デュアル文庫)
(2006/10)
日日日

商品詳細を見る


 作 日日日  絵 大出長介  徳間デュアル文庫
 この文庫って微妙にサイズが違うからあんま好きじゃありません、
 講談社BOXとかサイズ変えでいろいろ狙ってるのかもしれませんが、本棚的には揃えてもらえると片付けやすいです、
 ではネタババ


















 日日日初萌えとのことですが、別にほかの作品にだって萌え要素はあります、
 今回だけ特出してるわけではないように思えますが・・・
 身体が武器だから萌える?そんな、なんという最終兵器ってことになってしまいます、
 
 まあ話の解説を、
 主人公が流れ着いたのはロボットだけの島、
 実は人類はロボットの滅亡されかけているのです、
 そんな中ばれたら絶対に殺される・・・そんなわけでロボットとして忍び込むことに、
 そこで出会ったのが処刑ロボット中村奈々子です、
 今思いましたが主人公を二人の女が取り合っているから萌えを強調してるんでしょうかね、
 
 それからある人物からの言葉「君は自分を人間だと思っているのかい?」という、
 主人公は悩みます、ここではロボットが人間らしく動いています、
 そして奈々子もロボットではなく人間?という考えも、
 
 それのカギを握るのは中村奈々子という同じ名前の複数の人間です、
 1巻ではそこまで謎が解けていませんけど、続きで説かれていくのでしょう、
 というかもう3巻まで出てるし、

 評価 ★★★☆☆

死神とチョコレートパフェ2

死神とチョコレート・パフェ〈2〉 (富士見ファンタジア文庫)死神とチョコレート・パフェ〈2〉 (富士見ファンタジア文庫)
(2006/11)
花凰 神也

商品詳細を見る


 1を読んでから間が空いてしまいました、
 まあそんなこと慣れてますが、
 ちなみに漫画版が連載されていまして、そちらも好きです、
 でも続巻出ませんねこれ・・・
 作 花凰神也  絵 夜野みるら  富士見ファンタジア文庫
 
 じゃあネタバレ






















 前巻で人間になったナギですが、イリスからの依頼は断れません、
 だってチョコパフェになってしまうわけですし、
 もちろん神名も逃げられませんけどね、
 今回はソウルイレギュラーを元に戻すという、つまりは元気な人を天国に送るということで、あまり気が進まないのも仕方がありません、
 殺さない方法はないかと策を考えます、
 
 でもなかなかでてこず、
 さらにナギが倒れてしまいます、どうやら人間になったことと関係があるようです、

 そんな緊急事態の中思いついた神名の秘策とは・・・
 
 という、
 1巻もよかったし今回も無事に助かったのでよかったです、
 でも命の危険が迫っていたナギがわりとあっさりと治ってしまったことはちょっと拍子抜けでした、
 もっとちゃんとした理由がほしかったです、

 評価 ★★★☆☆

十三番目のアリス4

十三番目のアリス 4 (4) (電撃文庫 ふ 8-4)十三番目のアリス 4 (4) (電撃文庫 ふ 8-4)
(2007/08)
伏見 つかさ

商品詳細を見る


 作 伏見つかさ  絵 シコルスキー  電撃文庫

 ようやく発行のペースに追い付きました、
 これで新刊を買ってから旧刊を読むというのがなくなりそうで嬉しいです、
 じゃあシコルスキー氏の絵を見つつ
 以下ネタバレあり























 三月かわいいなあ、いやそっち方面じゃないですよ
 でもアリスじゃなくても鼻血を出してしまう人いるんじゃないですかね、
 今回はみんなでいわゆる研修旅行へ、
 まあ遊びのようなものですね、
 そこで表紙に出ている彼女に会うことに
 いっちゃうとキリングドールですね、
 ドールというとどうしても別のものを思い浮かべてしまいますが気にしてはいけません、
 
 7番目は強いようです、アリスが一度機能停止に陥ってしまうくらいに、
 そこでの三月の行動はいいですね、
 恋人のために立ち向かうステディといったところ、
 最後の方のシーンの三月はこれから大丈夫なのかと気になります、
 多分この後もひきずっていくような気が・・・
 でも乗り越えられればといったところなんでしょうかね、

 評価 ★★★★☆

海をみあげて

海をみあげて (電撃文庫 ひ 4-2)海をみあげて (電撃文庫 ひ 4-2)
(2007/07)
日比生 典成

商品詳細を見る


 作 日比生典成 絵 尾谷おさむ  電撃文庫

 なんとなくイラストで買いました、というか読むまでに時間かかりすぎですね・・・
 発売してすぐ買って読み終わったのがつい先日、
 5ヶ月くらいかかりました、
 まあそれはそれとしてネタバレ





















 イラストを見てジブリっぽいと思った人は正解です、
 このイラストレーターさんは宮崎駿監督に影響を受けているらしいです、
 どんな話かというと、主人公は受験を控えた中三、
 住んでいるところは時々空にクジラが泳いでいる町・・・
 なんとこの町にはクジラが泳いでいます、
 そのクジラが大好きな真琴(♀)は剣道を頑張る女の子、
 ある日クジラが出てくると流れる音楽を突き止めようと山の上の家に、
 そこでの出会いが始まりです、
 なんとクラスメイト洋助の兄だったのです、

 ある日町に放火事件が起こり家が燃えてしまいます、
そこで真琴はクジラを呼ぶために音楽を鳴らします(いつもはクジラが来てから音楽を鳴らすので逆)、
 そこでクジラが現れて潮の雨を降らしてくれました、
 そのあと真琴はふっきれて・・・

 なんかすとーりーがつながってないような気がします、
 どうしてそうしたあとこうなるのかというのが、因果関係というんでしょうか、
 
 2話、3話も
 で、最後に分かれてしまうというエンドは『耳をすませば』まんまです、
 そういうのってないんじゃないかな、

 評価 ★★☆☆☆

れでぃ×ばと!3

れでぃ×ばと! 3 (3) (電撃文庫 こ 8-9)れでぃ×ばと! 3 (3) (電撃文庫 こ 8-9)
(2007/05)
上月 司

商品詳細を見る


 作 上月司  絵 むにゅう  電撃文庫

 久しぶりの更新です、
 休日なので書こうかと、
 ちょっとめんどくさくなりつつあるので何か新しことをやりたいです、

 デハネタバアアアレ























 3巻ではセルニアさんですか、
 あの人活躍中だなあ、私はそれほど好きなキャラではないのですけど、でてくるからには人気なんでしょう、
 あと新キャラ のアイシェさん、どちらかと言えばこういうキャラの方が好きかも、
 まあ自分の嗜好なんてどうでもよく、
 アイシェの話は、まあ相変わらず強引な話だな、
 強引というかよくある話というか、その両方かです、

 そしてもう一人いました、四季鏡姉です、
 だから動きがありえないって(ボタンと服の)
 と思ってしまいました、

 セルニアさんて書きましたが今のところ出てきてないですね、
 でも印象に残ってるのはそれぞれの話でチョイ役ながら大声でわめき第3話で一緒に別荘なんかに行ってるからでしょう、
 そして父親と言いこいつといい、なんというか、
 
 そんなわけで勢いは前の2巻とそれほど変わらず、

 評価 ★★★☆☆

最近2

 ここのところサボり気味なので読んでレビューするつもりの本を先に記事として登録してしまおうと思います、タイトルだけで、
 これならやる気になるだろうと思いまして、
 そんなわけで今から上に来るやつはタイトルだけですがご了承ください、

れでぃ×ばと! 2

れでぃ×ばと! 2 (2) (電撃文庫 こ 8-8)れでぃ×ばと! 2 (2) (電撃文庫 こ 8-8)
(2007/01/06)
上月 司

商品詳細を見る


 更新をさぼっているうちにこのシリーズを4まで読み終わった自分がいます
 1はそれほどでもなかったと思っていましたが2からはまあまあなのかな、

 作 上月司  絵 むにゅう  電撃文庫
 すごいイラストだなあ ネタバレ

























 はっきりいうとエロいです、
 エロゲっぽい? 原画家の方なんだから当たり前ですね、
 ここにリンク貼ってアダルト扱いされても困るので貼りませんが、知りたい人は「ナイショのよりみち」でググりましょう、
 と本編に関係ないことは置いといて、
 第4話 盗撮犯潜入 それで従育科の人がとばっちりを受けるというよくある展開ですね、
 理事長が出てくるとワンパターン化する気がする、

 で次の話でみみな登場です、
 1巻ではちょっとしか出てこなくていかにも次に出てくるよなーというオーラを出していたあの人です、
 結構すごい人だったんですね、
 というか幼すぎだろう、常考
 
 番外編
 この本の224ページのイラストを電撃hp(当時)にのっていたのを見て『れでぃ×ばと!』の1巻を買ったといういわくつきの話です、いわくというかはわかりませんが、
 薫かわいいよ薫、

 でもお色気がわざとらしいというか無理やりな気がするので(200ページなんてsng?というのを体現してますし)

 評価 ★★★☆☆

学校の階段3

学校の階段3 (ファミ通文庫)学校の階段3 (ファミ通文庫)
(2006/09/30)
櫂末高彰

商品詳細を見る


 読んでいるのにレビューしないのはよくないことです、
 自分の中で、そんなわけでレビューを、 少したまりつつあるので、

 作 櫂末高彰  絵 甘福あまね  ファミ通文庫

 ではネタバレええええええええええ

























 よくわからないうちに映画化していて、まあ結局見ませんでしたが、それでも随分と知名度アップに貢献したのではないでしょうか、
 ストーリーの大幅改編はあってほしくありませんでしたが、
 まあそんなことは置いといて原作です、
 2巻から間隔が開いてしまいました、なのでストーリーを思い出さないと、

 今回は夏合宿です、それもほかの多くの部活といっしょにという九重には願ってもないシチュエーション、
 部員集めに精を出します、
 そんななかおとずれる暗い影、
 天ヶ崎の過去、今回表紙に出てる理由ですね、

 そんななかいつのまにか天ヶ崎の部活対抗争奪戦が始まってしまいます、
 これもあの会長が仕組んでいることなのでしょうか、
 なかなか尻尾を出しません、
 
 階段部は困難に耐え取り返すことができるのでしょうか?
 そして天ヶ崎の本当の行き先はどこにあるんでしょうか、
 そんなことを考えながら読んでいました、 スイマセン少し脚色ありです、
 
 個人的には井筒と新キャラ凪原、会長と副会長 の二組がどうなるかっていうのも楽しみですけどね、
 そんな感じです、
 要約するなら「雨降って地固まる」といった感じでしょう、
 とられてからの階段部のやる気というのはやはり部員のことを考えているからなんでしょうね、
 KEY WORD:TENNIS

 評価 ★★★★☆

荒らし

 2525(検索回避)の時報でも荒らしかっこ悪い、と言っていますね、
 今日の上位動画は荒らしが妙にガンバているような気がしたので、
 まあ今日のランキングは寡占すぎますからね、
 にしても荒らしはあれしかないのでしょうか、
 荒らしって学校のいじめっ子みたいなものです、
 いじめた方は記憶に残らないんです、
「昨日何したっけ?まあいいや」みたいな感じにしか思いません、
 でも荒らされた方は落ち込んでしまうかもしれません、
 まあ2525に投稿してる時点でスル―スキルはついているとは思いますけど、
 
 歌ってみた系の嵐ってワンパターン
 うまさじゃかなわないから勝手に自演だと吹聴する、または工作だと決めつける(どうやってマイリスト増やすんだろうねあんなに)くらいしかありませんね、
 ボキャブラリーが貧困というか、
 
 まあつまりあんまり傷つけるような個人の意見を言わない方がいいよということです、

PS いちおう読み終わった本もあるのでいつくかレビューができるはずです、
 2525にはまって時間をつぶさなければ、

最近

 最近のサボり具合は異常とか思ってましたが、それほどひどくはないですね、
 もっと1週間くらい更新なしだと思ってました、
 例によって怠けです、
 
 今日は電撃文庫マガジンを買ってきました、
 なんかサイズが大きいな・・・
 hpと比べると大きくなりました、といってもこれで通常サイズ、前のが妙に変なサイズだっただけですね、
 中身はというと・・・
 流石にページ数が減ったのは仕方ないことですね、
 あとは前の方のグラビアページの特集は相変わらずです、
 ただ、お勧め作品とか、前あったイラストレーターのページとかがなくて少しさびしかったです、
 さて、次は買おうかどうか・・・ 迷ってます

AKUMAで少女

AKUMAで少女 (HJ文庫 わ 3-1-1)AKUMAで少女 (HJ文庫 わ 3-1-1)
(2007/08/01)
わかつきひかる

商品詳細を見る


 怠けてばかりでは自分がどんどんダメにありそうなので更新します、
 作 わかつきひかる 絵 高階@聖人  HJ文庫

 作者の名前を聞くと「ちょ、わかつきさんこんなところで何やってるんですかww」と思ってしまうかもしれません、
 まあ私はそういうのは読んだことないのでよく知りませんが名前は聞いたことがあります、
 どうやら健全小説は初めてのようです、
 そんなわけで全力でネタバレ

































 どこが健全だ・・・
 正直言わせてもらいますと、わかつきさんこれ書いてて満足だったんでしょうかね、
 でもとにかく普通のラノベと比べますと下ネタのオンパレードです、
 この話は幼なじみの男女の性別が変わるところから始まるわけですが、気の強い幼なじみが、男の子の身体でトイレに行き(自重)をやってみたりあとは男の方も負けずと鏡の前で(自主規制)をしているからいいのかな?
 入れ替わりは非常に古典的で、変わってみた方が以外と好かれるというのもよくある展開ですね、
 途中で衝突をしたりした二人でしたが、最後のイベント、つまりは不良討伐イベントによって仲直り、よかったですね

 後本編中は本当に中高生男子が喜びそうな描写が多いです、
 惚れ薬とか、ラブレターイベントとか、ファーストキスとか、お風呂イベントとか、
 さすが読者の心をよくつかんでるといった感じでしょうか

 評価 ★★★☆☆

待ってて、藤森くん!

待ってて、藤森くん! (富士見ミステリー文庫)待ってて、藤森くん! (富士見ミステリー文庫)
(2006/07)
壱乗寺 かるた

商品詳細を見る


 作 壱乗寺かるた 絵 カントク  富士見ミステリー文庫

 読んでから日にちがたってしまいました、具体的には2週間くらい、
 まあいつもそんな細かく書いてないからいいですけどね、
 ではこの表紙につられて買った作品についてレビューを・・・
(まあ実はドラゴンマガジンを見て気付いたんですけどね)
 ネタバレ

















 


 実は作者の前シリーズを読んだことがないんです、
 だから比較はできませんので悪しからず、まあいちいち比較するのもうざいですからやめておきます、というかできません
 えーと、さえない転校生ですね、いや転校生ではないのですが入学が1カ月遅れた転校生的ポジションです、
 ただ転校生と違うところは幼なじみ(カバー→)がいることです、
 かつては女子高だった高校へ入学というよくあるシチュエーション(というのも今読んでいる本も似たようなシチュエーションなので)です、
 そこで生徒会のおかしな決まりに異議を唱える主人公、
 そのために、大事な幼なじみのために戦う、という主人公はかっこいいのかもしれません、
 勝負の前からいろいろな妨害してくる相手に対し、最後は少しヒントをもらいましたが、なんとか正々堂々と勝利できました、
 あとは次巻への黒幕も出てきてきました、

 でもヒロインがかわいいのが重要ですよね、

 評価 ★★★★☆
 

食の問題 豚丼

 自分が悪いと思うなら悪いときちんと謝りましょう、
 自分は正しいと思っているのなら謝る必要はありませんがでは自分は何をすべきなのかよく考えてみましょう、

 まあ正しいと思ってるわけないですけどね、

狂乱家族日記アニメ化

アニメ化

 とりあえずこのカテゴリでは二つ目です、
 まあ原作のストックも多いですし作者の多作ぶりから考えるに早すぎるということはないでしょう、
 
PSまったく関係ありませんが『乃木坂春香の秘密』がアニメ化決定なんですか?
 そんな情報を手に入れたもので、
 あれアニメになるとわかりませんが、文章がハルヒを意識してるっぽくてあんま好きになれないのですが、
 まあハルヒのアニメが始まる前からやってるからそう考えればそれほど悪くはないと思えますが、
 やっぱりプロなんだから自分の色を出してもらいたいと思いますし、
 それは小説でも漫画でもね、

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

スパイシーからあげ

Author:スパイシーからあげ
二人乗りの車っていいよね、助手席に荷物置けば簡単に手が届くしたくさん荷物もってけるし、駐車場にも止めやすい、
と、本気で思っている人間

 
 

FC2 Blog Ranking

 現在コメント機能凍結中なので感想コメント等は拍手ボタンを使ってください 
 (6月追記一番上の記事のみコメント投稿可能になっています)
 基本リンクフリーですが知らせてもらえるといとうれしです
現在このページにリンクを張っていただいているブログを2つ確認していますが、 要請がない限りこちらからはリンクは張りません、




無料レンタル





一日の最高アクセス数 88人 2008年8月11日
カレーラムネのおかげかと思ってたら電撃文庫総合目録2008のおかげでした

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。