アウフヘーベン

 日々感じていることを勢いのままに述べていくようなブログに見えます、 アウフヘーベン=矛盾する二つの要素の融合 例 これは円である+これは四角形である=円柱

2008-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと整理

 レビュー記事が80件を超えさすがに一つにカテゴリにこれは多すぎると思い、行ごとに分けることにします、
 まだ未完成でおかしいですが気にせずどうぞ、
スポンサーサイト

ぷいぷい8!

ぷいぷい!8 (MF文庫 J な 1-24)ぷいぷい!8 (MF文庫 J な 1-24)
(2008/04/23)
夏緑

商品詳細を見る


 積読をすっ飛ばしてこれだけは早く読みました、
 毎回楽しみにしていますので、
 作 夏緑  絵 なもり  MF文庫J
ではさっそくねたばれ



















 今回から新展開です、なんと冒険の旅に出るというどこかのRPGのような展開ですね、
 悪の手先を追って旅に出た一行・・・が1ページ目より前から早速ヘリコプターが墜落というすごい展開になっていますが、そこでべつの敵に出会います、
 さらにアルフがさらわれてしまうという、
 そのアルフをさらった奴というのが「アルフは俺の嫁」とぬかすものですから、とりかえそうと闘うのです、
 一応全3話構成なので、旅に出てることばかり描写してるわけではありません、
 第2話では毒呂説子が主役です、
 実際に居たら怖いですけどかわいいですよね、ちょっと病んでる気がしますが、
 
 そして3話を見ているとシエラのツンデレっぷりもいいですが、陣もかなりのツンデレですね、
 あれで女だったらかなりポイント高かったのではないでしょうかね、

 評価 ★★★★☆

れでぃ×ばと! 5

れでぃ×ばと! 5 (5) (電撃文庫 こ 8-11)れでぃ×ばと! 5 (5) (電撃文庫 こ 8-11)
(2007/12/10)
上月 司

商品詳細を見る


 だんだん発行ペースに追いつきつつあります、いいことです、
 シリーズものを毎回レビューするというのはよほど好きなものでない限りやらないのですが、まあ好きな方ですしいいでしょう、

 作 上月司  絵 むにゅう  電撃文庫

 ネネタタババレレ




















 今回も新キャラが登場しますね、あんまりキャラ登場させすぎると自分では名前覚えにくいですし、活躍の少ないキャラがどうしても出てきてしまいますし、作者早くもネタ切れか!? と邪推してしまうのであんまり増やしてほしくないのが本音です、
 で、今回の表紙はみみな先輩ですが、今回全くといっていいくらい活躍してないのですが、ニコニコ的に言えばサムネホイホイといったところでしょうかね、
 そして今回の巻で主人公をめぐる争いが表面化してきました、
 朋美とセルニアの、今のところ一騎打ちといったところでしょうか、
 もちろん他にもキャラはいますが今のところの話です、
 個人的には大地とかには頑張ってもらいたいものです、

 そして今回は前後篇というわけで、6巻に続きます、
 はたしてデートできるのはどちらなのか?
 続きはもう出ていますがまだ読んでいないので気になりますー

 評価 ★★★☆☆

ファンタふるふるシェイカー

 なんとなく炭酸ゼリーに惹かれて飲んでみました、
製品詳しくは→http://www.fanta.jp/

 で、飲んでみた感想・・・
 ・・・
・・・・・
 甘かったです、なんという甘さ、
 100g中に17.3gの砂糖はいくらなんでも多いかと、
 だからあの小さい缶なんですねと、勝手に納得、
 

おと×まほ

おと×まほ (GA文庫 (し-02-01))おと×まほ (GA文庫 (し-02-01))
(2007/05/12)
白瀬 修

商品詳細を見る


 GA文庫のレビュー久しぶりな気がします、
『ハノン』以来かもしれません、
 そしてこういうときのためにレビューも50音順に分けた方がいいのかもと思えてきました、

 作 白瀬修  絵 ヤス  GA文庫
 ネタバレ


















 どうやらなにか賞に応募して、その作品のようですね、
 まあGA文庫はできて日が浅いから、新人発掘は非常に重要です、
 大物作家にシリーズものを書かせるだけではいつか、終わります、
 この話は女の子のような外見をした主人公が、母親から言われるままに魔法少女(?)になって敵と戦うという話です、
 男なのに魔法少女・・・ というギャップがいいですね、
 ・・・ほんとトランスセクシャルが最近多い自分・・・
 もちろん主人公は嫌がります、
 でも流されつついつの間にか敵を倒したり仲間(?)とであったりしつつ強くなります、
 しかし主人公には一つ悩みが、
 それにより魔法も出てこなくなってしまいます、
 自信を持つことって大事ですね、
 
 あと本の見どころと言えばまあイラストでしょう、彼方かわいいよ彼方、
 それにしても気になる名前、「こなた」と「かなた」とは、見事にかぶっていますね、
 魔法少女が悩むではありきたりですが、そこに男という新たなものを組み合わせることにより新鮮な感じがしています、
 まだキャラが活躍しきれてないので続巻に期待です、

 評価 ★★★★☆

化物語アニメ化決定

 ・・・まじてすか・・・
http://www.new-akiba.com/archives/2008/04/post_15119.html

 西尾維新作品の映像化は初めて?ですかね、
 てっきり戯言シリーズが先に行くものだと思ってましたが、世の中わからないものです、

 声優誰だろ、

最近の話し

 最近トランスセクシュアルのラノベをよく読んでいることに気付きました、
 今年に入ってだけで
『SH@PPLE』
『ぼくのご主人さま!?』
『AKUMAで少女』読んだのは2巻です
『おと・まほ』
 を読みました、
 レビュー書いてない奴は今度書きます、
 それにしても特段狙ってるわけではないのですが、偶然っておそろしや、

生徒会の二心 碧陽学園生徒会議事録2

生徒会の二心  碧陽学園生徒会議事録2生徒会の二心 碧陽学園生徒会議事録2
(2008/04/19)
葵 せきな

商品詳細を見る


 なんか1巻がずいぶんと売れているようですねこの本、
 昨日本屋で見たらもう4刷まで行っていました、
 これなら作者の心配する大量在庫なんてことは、会社が第4刷で異常なほど出版していない限りは問題ないですね、

 作 葵せきな  絵 狗神煌  富士見ファンタジア文庫
 相変わらず富士見ファンタジアらしからぬ表紙です、
 そして口絵は・・・・・・・・・・・・・・・・
 ねたヴぁれ





















 それにしても口絵すごいですね、
 本編の中でもっともアレなところを見事にカラー口絵にするという、完全に狙っていますね、
 いやーすばらしい・・・
 それはおいといて中身です、
 中身はおおよそ前の巻と変わりはないです、
 会長のひとことめで始まり、それに対し議論というかなんというか繰り返すという、
 もっとも変わったのは新キャラが出てきたことですね、
『マテリアルゴースト』でおなじみの真儀瑠沙鳥です、
 いつの間にか教師になってたんですね、
 このままだと幽霊とか出てきたりして、
 それだけでなく本編中に『マテリアルゴースト』と関連のある言葉がよく出てきます、
 真冬の質問とかそのほかにも、
 
 杉崎と周りの関係は進展してるのかな、
 なんとなくくりむや知弦とは少しずつ近づいている気がします、

 続巻への伏線っぽいものもありますし、この作者は筆が早いことに定評もありますし、比較的早いうちに続巻は見られるでしょう、
 
 評価 ★★★★☆

待ってて、藤森くん! 4

待ってて、藤森くん! 4 (4) (富士見ミステリー文庫 58-12)待ってて、藤森くん! 4 (4) (富士見ミステリー文庫 58-12)
(2008/03/08)
壱乗寺 かるた

商品詳細を見る


 久々にまともな記事を、
 このシリーズ、レビューは1巻しか書いていませんがちゃんと読んでいますので問題はないです、
 そして今巻で無事完結です、個人的にはもう少し続いてほしかったですがまあいいです、

 作 壱乗寺かるた  絵 カントク  富士見ミステリー文庫
 ねたヴぁヴぁヴぁ























 前巻が番外編的な感じでしたが、今回は本編に帰って来て再びイベントが起きます、
 この学校イベントが短期間に多いな、
 生徒会長選挙なので、前までのイベントより重要ですが、
 序盤での圭子の衝撃の告白も気になりますし、里見がどちらを選ぶかも、
 まあ前の巻(この場合2巻のこと)を読んでいれば、なんとなくどちらを選ぶかは予想できるとは思いますが、
 しかし姉弟とは・・・ その辺の背景があまり描写されていない気もしたのでもうちょっと書いてほしかったとか思ったり、
 それに個性豊かな登場人物にもっとスポットを当ててほしいです、
 せっかくいい味を出している脇役が多いわけですし、

 生徒会長で選ばれるのは? 里見が選ぶのは?
 弐つを同時に描くことで選ばれなかった方のフォローでもしているのかな、

 ぜひ続きを書いてほしいものです、まあ次は『さよならトロイメライ』の新作を執筆するようですからしばらくはないでしょうけど

 評価 ★★★★☆

コーエー

 まさかコーエーがライトノベル業界に参入してくるとは、
 店舗で本を見るまで知りませんでした、
 来月の時点で既に発行数が少ない気もしますが・・・
 まあ少し気になったという程度
http://www.gamecity.ne.jp/gcbunko/index.htm公式

とらドラ! アニメ化

 まあわかりきっていたことです、漫画化しあんなキャンペーンをやって知名度を上げてきたわけですし、
 でもなんだかなー、

 そしてあそこのカテゴリに書いてないことに今日気づきました、どうせなるから書いてなかったようです、
 『かのこん』のときは可能性が高かったからという理由でしたが、今回のはもう確実だろうと思ってたからです、
 乃木坂春香、お稲荷様と電撃元気ですね、
 と、前も書いた気がしますが・・・

購入

 本を買えども読む時間があまりなくどんどんたまっていく毎日です、
 机の上にあるだけで13冊あるというのに、本棚も入れればどうなることやら、
 










 そいえば、たまにここに来てくれた足跡からその方へのページに行くことがありますが、それで自分なんかのよりも非常に華やかでアクセス数が多い人が来てくれると何となくうれしいですね、

 PS 拍手ありがとうございます、7日に来てました、

アスキー・メディアワークス

 メディアワークスのマーク好きだったんだけどなー

ニンギョウがニンギョウ

ニンギョウがニンギョウ (講談社ノベルス)ニンギョウがニンギョウ (講談社ノベルス)
(2005/09/06)
西尾 維新

商品詳細を見る


 作 西尾維新  講談社ノベルス
 西尾維新だとラノベじゃないの?という意見もありそうですが、まあ今回はイラストもなく、話としてもラノベとは違うと思いますからこちらで、
 
 ではネタバレ



















 箱入り装丁とか活版印刷とか無駄に凝ってますね、
 それでも買ってくれるファンがいるから会社としてもこういう冒険にでられるのかもしれませんね、
 これは批判ではありません、そのファンというのは作者が生み出してきた作品により誕生したからです、
 いいことです、
 で、なかみはというと、なんとなく昭和文学の雰囲気漂う文体になっています、活版印刷と合っています、
 話は作者の頭の中を通り抜けるといった感じでしょうか、
 想像しながら進んでいくのは小説の常識ですが、これは想像が多いような気がします、
 
 年上なのに妹であったり、熊の少女とか、おとぎ話のようですが、実際はなかなかにシュールというか、
 

 評価 ★★★☆☆
すみません、自分の頭ではあまり話が理解できなかったので、いい評価も悪い評価もできません、

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

スパイシーからあげ

Author:スパイシーからあげ
二人乗りの車っていいよね、助手席に荷物置けば簡単に手が届くしたくさん荷物もってけるし、駐車場にも止めやすい、
と、本気で思っている人間

 
 

FC2 Blog Ranking

 現在コメント機能凍結中なので感想コメント等は拍手ボタンを使ってください 
 (6月追記一番上の記事のみコメント投稿可能になっています)
 基本リンクフリーですが知らせてもらえるといとうれしです
現在このページにリンクを張っていただいているブログを2つ確認していますが、 要請がない限りこちらからはリンクは張りません、




無料レンタル





一日の最高アクセス数 88人 2008年8月11日
カレーラムネのおかげかと思ってたら電撃文庫総合目録2008のおかげでした

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。