アウフヘーベン

 日々感じていることを勢いのままに述べていくようなブログに見えます、 アウフヘーベン=矛盾する二つの要素の融合 例 これは円である+これは四角形である=円柱

2008-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント禁止

 最近は普通のコメントもなく、アダルトのアフィ目的と思われるような感じのやつばかりだったのでコメント機能を一時凍結させました、
 まあ拍手でもメッセージ送信できますし、そちらを使っていただけるのなら、

 話題
 アウフヘーベンで検索してみたところ、
google先生ではなんとか1ページめに表示、
しかしyahoo!さんでは3ページめ・・・ しかもトップページではなく記事のページへ、
 嫌われてるのかも、 ホームページはいつもyahooなのに
スポンサーサイト

名探偵失格な彼女

名探偵失格な彼女 (VA文庫 1)名探偵失格な彼女 (VA文庫 1)
(2008/11)
伏見 つかさ

商品詳細を見る


 作 伏見つかさ  絵 蓮見江蘭  VA文庫

 ほんとに新レーベル多いですね、
 そんなに売れるのでしょうか、個人的には電撃くらいしか売れてない気もしなくもないのですが、
 ネタバレ
















 えーと、もともとはキネティックノベルだったやつを本にしたみたいですね、
 で、ストーリーですが、頭も悪く探偵として致命的な欠陥をもつ「彼女」のお話です、
 主人公が高校の入学式にでていると、何やら突然の犯行予告が、
 そして入学式が終わってから主人公木葉は「彼女」かれんから
「あなたが犯人ですわ」といわれてしまいます、
 しかもその根拠は勘というのだからすごい、
 それによって主人公はかれんと一緒に行動することに、
 しかし二人で捜査を始めたものはいいものの、かれんは証拠品を爆発させるわ、暴力的で平和な話し合いで話を聞こうとする話で、すすみません、

 ここまででわかるようにミステリー小説だと思うと拍子抜けくらうと思います、
 もちろん最後のほうにはこの事件の真相、真犯人も暴かれますし、それの複線もきっちり入っています、
 まあライトノベルで本格ミステリーを期待する人もいないでしょうが、

 で、この話、1冊で完結してないんですよね、
 続きはキネティックノベルで、というスタンスのようです、
 そういうゲームは高いから買いたくない・・・

 評価 ★★★☆☆

/

そんなに初版が好きなら初版と結婚しちゃいなさい!





 それはそれとして、とらドラ漫画版1巻アニメイト限定版がオークションで結構な落札価格になっていることに驚き、
 当時からそこそこ人気はあったので出版も結構あったと思いますが、手に入れてない人が多かったということでしょうか、
 家にもありますがちょっと日焼け・・・ 別に売らないからいいですけど、

かんなぎも竹井10日?

 一迅社文庫の来月の刊行予定に『かんなぎ』が、
 もちろん人気のあるうちにどんどんいろいろな媒体で出すことは、会社として当然のことですし、自分としても叩くつもりは全くありません、
 アニメ化まで単行本控えるなんて常道ですし、

 そうではなく自分が気になったのは小説執筆が竹井10日氏ということです、
 あの『らき☆すた』小説も書いていた人です、
 自分はあの小説1巻しか読んでいないので、あまり評価というものもできないのですが、個人的にはいまいちだった印象、
 
 人気アニメのノベライズを続けて手掛けるというあたりに、なにか特別なコネでもあるのではないかと勘ぐってしまいました、

死神のキョウ 2

死神のキョウ 2 (2) (一迅社文庫 か 1-2)死神のキョウ 2 (2) (一迅社文庫 か 1-2)
(2008/11/20)


商品詳細を見る


 表紙が表示されないのは非常に惜しい、
 1か月遅れで発売されたこの本、あとがき見るに魁氏の締め切り云々書かれているので、まあそうなんでしょう、

 作 魁  絵 桐野霞  一迅社文庫

 ネタバレ
 薄いのですぐに読み終わりました、250Pくらい
あと妙に評判のいい→1巻のレビュー過去記事


















 前回のは読み切りといった感じでしたので、今回から本編が始まったという感じです、
 キョウやミコトの上にいたころの過去も少しずつ明かされていくような伏線を、作者が敷いている感じです、
 正体はまだ分からない、
 そして2巻には新キャラ「ココロ」が登場します、
 キョウにただならぬ憧れを抱いている見た目小学生の彼女にも、主人公は振り回されます、
 どう考えてもトラブルの種が増えただけですね、
 そしてキョウは相変わらず素直ではないというか、
 言葉の端々に本心が見え隠れしていますが、すぐに切ってしまう癖があるせいか、なかなか進みません、
 まあ切られるときは、別のところに原因があることが多いのですが、心とかココロとか、
 
 それにしてもココロの憧れ度は異常というか、風呂覗こうとすらしています、
 けしかけた主人公は(ry
 あとココロが敬語でしゃべってるとどことなく風子のような感じがするのですが、これは作者に毒されてるせいです、

 本編についても少し言及、
 プールや風呂覗き、クラス対抗戦再び、といった出来事がありますが、主人公よくモテます、
 1巻でも男女隔てなくもててましたが今回もですね、 かつみん・・・
 ラストは次へのつなぎといった感じです、
・ココロがなぜここに来たか
・赫刃とはなにか
・白夜とはなにか
 という謎について少しずつ明かされていくことでしょう、
 ラストのココロの意味深なセリフも気になります、

 評価 ★★★★☆

アキカン!

アキカン! (集英社スーパーダッシュ文庫)アキカン! (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2007/05)
藍上 陸

商品詳細を見る


 来年1月からアニメ放映開始なわけで、公式ページにもキャラ画像が出てきています、
公式ページ・・・すごいアドレスだな、

 作 藍上 陸  絵 鈴平ひろ  集英社スーパーダッシュ文庫
 デハネタバレ
 アニメ始まってから読むのがあまり好きではないので直前のこんな変な時期に読んでます























 あらすじ、主人公が自動販売機で買ってきた缶ジュースを、風呂上がりに全裸で飲んでいたら、なんとその缶が女の子に変化したという話です、
 その後、その人間化する缶(アキカン)の存在を知る人物から、規格統一のための戦いに参加するように言われます、
 現代社会にはスチールとアルミ2種類の缶があって、それによりコストもかかりリサイクルの障害となっているという話です、

 そして人間化する缶がこの巻の中でも3人出てきています、
 どれも性格が違いますね、
 
 話としては、幼なじみがはぶられるようなことはなく、別のアキカンを持たせるという設定だったので、幼なじみに頑張ってほしい自分としてはうれしい限りです、
 でもラストではこの二人かなり接近してるんですよね・・・

 評価 ★★★★☆
 それにしてもこれ出たの2007年5月ですが、ずいぶんと早いアニメ化ですね、
 アニメ企画なんてそう短期間にできるようなものではないと思いますし、最初から決めているような早さです、
 まあアニメがどうなっているのかとても楽しみです、

殺×愛4

殺×愛4―きるらぶFOUR (富士見ファンタジア文庫)殺×愛4―きるらぶFOUR (富士見ファンタジア文庫)
(2006/06)
風見 周

商品詳細を見る


 実は今年に入ってから1巻から読み始めていたのですが(0巻は去年読んだ)、なかなかレビューする機会に恵まれず、
 読み終わる日は疲れていてレビューする気起きないとかそんな感じで、

 で、今日は何となく
 作 風見周  絵 G・むにょ  富士見ファンタジア文庫
 ネタバレ
















 いかにも悲劇的結末が待っているのではないかという話を、そのような話をあまり好まない自分が読んでいるのは少し不思議だったりしますがあまりその辺は気にしないで、
 知らない人のためにあらすじの説明を

 主人公 密は世界を滅ぼす存在ωであり、あ互いに愛し合った人でしか殺せないという、
 そこでやってきたサクヤと、殺すために恋愛をするというストーリーです、

 個人的に空から降ってきたような女の子に、幼なじみの子がとられてしまうのはあまりどうかなーと、思うのですが、現実問題そういう話が多いのだから仕方ないですね、
 あ、この話では主人公がそもそもサクヤと恋愛する気はなく、ただ利用するためだけと考えているのがポイントです、
 しかし4巻では幼なじみからの言葉が密の心を動かします、

 ちなみに今回の話は文化祭の話がメインです、
 猿渡と珊瑚は、終盤に引き裂かれそうな予感がピリピリ、不安です、
 あとαはさすがに予想がつきましたね、
 読んでいる人も結構な確率で気づいたのではないかと思います、
 しかし動機まではさすがに予想外、
 読み返してみると確かに伏線が、

 次巻からはいよいよ終わりが始まっていくようで楽しみです、

 前もって買っていたのが4巻まで、早く続きを買いに行かないと、

 評価 ★★★☆☆

ラノベ部

ラノベ部 (MF文庫 J ひ 2-14)ラノベ部 (MF文庫 J ひ 2-14)
(2008/09)
平坂 読

商品詳細を見る


 作 平坂読  絵 よう太  MF文庫J

 続いてこれ、これは読むの比較的早かったですね、
 ネタバレ


















 えーとまず言いたいのは、作品の意図が分からないというか、なんというか、
 げんしけんみたいな立ち位置を狙っているのでしょうか、
 
 主人公がどの部活に入ろうか迷っている時に「軽小説部」というのを見つけ、」さらにそこにちょうどよく部長まで通りかかったから、見学へ行くことに、
 それまでラノベというのを知らなかった主人公と部員たちで話が進んでいきます、
 それにしても超短編をたくさん入れたという感じです、
 17話も入ってました、
 
 個人的にはそういう人のよくある会話を聞いているだけなので、それほどの面白さを感じなかったというのが本音です、
 
 評価 ★★☆☆☆

ストップ☆まりかちゃん!

ストップ☆まりかちゃん! (電撃文庫 す 10-1)ストップ☆まりかちゃん! (電撃文庫 す 10-1)
(2008/01/10)
菅沼 誠也

商品詳細を見る


 いつのまにか50拍手もらってました、
 こういう風に他人からどう見えるかびくびくしつつブログを書くのはmixiの人だけで十分だと思うので自分としてはそれほど気にしないようにしていますが、拍手がもらえるのはうれしいことです、
 
 作 菅沼誠也  絵 夜野みるら  電撃文庫
 ネタバレ




















 勝ってから10カ月たってから読むというのは、つまりその間に中古のやつ買ったほうがいいじゃねーかといわれてしまいそうです、
 まあ作者に貢いだということで、
 電撃hp(当時)に掲載されていた時、『死神とチョコレートパフェ』のイラストレーターさんの絵だったので、買ってみました、
 話としては主人公とその家族というか同居人の女の子鞠歌が中心となって進んでいきます、、
 主人公星也は普通の高校生、鞠歌は天才科学者であり、いつも何か変なものを作っていて、それが原因で事件が発生します、おもに生物関係で、
 で、別にこの二人が両想いというわけではなく主人公には片思いの人がいます、
 ただしガードが(友人という意味で)硬いのですが、
 女の子のほうも主人公を悪くは思ってないようです、別に意識してもいないようですが、

 そんな感じで鞠歌が事件が起きてそれを解決するためにさらに鞠歌の発明を使うというのが主な流れですね、
 面白いのですがどこか足りないような・・・

 評価 ★★☆☆☆

 ブログほとんど放置な作者様も気になるところ、

本当の自分

 本音だけしか言わずに社会で生きていく人などいるわけがないのは周知のことです、

 みんな建前と本音を分けて使っています、

 建前というのはうその言葉、

 本音というのは本当の言葉です、
 
 ではここでは、

 うその言葉=うその自分

 本当の言葉=本当の自分 になるのでしょうか

 答えは否、

 嘘も本当も合わせた者こそが本当の自分なのです、

 この場合嘘を本当が包み込むような構図になっていますが、自分ではこれ以上無理、

 自分はきちんと包みこめているのだろうか、

迷い猫オーバーラン!―拾ってなんていってないんだからね!!

迷い猫オーバーラン!―拾ってなんていってないんだからね!! (集英社スーパーダッシュ文庫 ま 1-1)迷い猫オーバーラン!―拾ってなんていってないんだからね!! (集英社スーパーダッシュ文庫 ま 1-1)
(2008/10/24)
松 智洋

商品詳細を見る


 作 松智洋  絵 ぺこ  集英社スーパーダッシュ文庫

 ネタバレ



















 タイトル詐欺小説、と叩くのは楽ですが、そもそも今のご時世ライトノベルは総じて表紙詐欺が横行しまくっているのであって、タイトルで騙そうともそれほど叩く要素ではないですね、
 あと妙に売れてるみたいですが、どう考えてもショップ特典を付けたからでしょう、
 つけなければそれほど目を引く表紙というわけでもないですし、そこまでではなかったかなーと思います、
 で、中身というと表紙とタイトルで表紙の女の子を主人公あるいはその家族が拾ってくるor連れてくるというのが予想できることですが、ところが現実は全然そうじゃなくて、表紙の女の子は主人公の幼なじみです、
 で、拾って来るのは別の女の子、何やらいろいろ事情がありそうな感じです、
 主人公の家はケーキ屋で、その幼なじみ文乃はバイトで働いているという状況、
 実に羨ましい感じの状況ですが、幼なじみに問題あり、
 暴力的でかつ口が悪いという、しかも本当のことを言わないんだから、
 よく主人公とか周りは耐えてるなあと思います、

 1巻ではその拾ってきた子と主人公たちの仲が段々と深まっていく様子が描かれます、
 後半でその子(希)がいなくなるというハプニングもありますが、それ以上の波乱はないような感じです、
 まあ1巻からぶっ飛ばした設定では読者も付いていくのが大変ですしね、
 次の巻では告白はどうなっているやら、

 評価 ★★☆☆☆

キターーーー

謎の新作カウントダウン

 バハムートラグーン!?

 4日後が実に楽しみです、
 
 まあスレ見るとタイトルがすでに出ていたるするのですが
『ブラッドオブバハムート』・・・

 うーん

気になること

 『バカとテストと召喚獣』はおそらくアニメになるのだと思うので、その前に原作を読んでおこうかなんて思っているのですが、やはり人気があるようでなかなか中古本屋には見つからず、結局今まで読めていない状況が続いているという状態です、
 あんまり期待しすぎるのもどうかと思うので、早く1巻だけでも読んでしまいたいと思う今日この頃でした、

必要のない近況

 ゲーセンでハルヒのプライズをわりかし苦労してとりつつも、もったいなくてパッケージがひらけない臆病な自分、
 そんなプライズが積んであります、10個くらい、

 で、妙にアクセスが多い例の記事がなぜ多いのかようやく理解しました、
 そのタイトルでググると1ページめに出てくるし、タイトル レビューで検索するとなんと一番上に、
 なんとまあ、

 あとは「おとして↓アプリガール」の1巻を読んだのですが、表紙がニコニコっぽい印象しか残らず、
 中身は個人的にはいまいちだったのでレビューとかはしないです、
 
 それくらいで今日は、
 いつもレビューばっかだったのでこういう意味のない記事で張り詰めた空気を抜く、

灼眼のシャナⅩⅦ

灼眼のシャナ 17 (17) (電撃文庫 た 14-23)灼眼のシャナ 17 (17) (電撃文庫 た 14-23)
(2008/11/10)
高橋 弥七郎

商品詳細を見る


 例によって順番ぶっとばし、2日で読み終わりました、
 薄いですしね、

 作 高橋弥七郎  絵 いとうのいぢ  電撃文庫

 ネタバレ





















 何か久々の本編の気がします、
 いよいよ物語もクライマックスへと進みつつあります、
 現状非常に不利なフレイムヘイズ軍がどのように巻き返しを図るかが非常に楽しみです、

 星黎殿に幽閉されたシャナ、
 武器も防具も取り上げられ、もはや抵抗する力をなくしています、
 コキュートスも没収中、
 この巻のシャナは非常に弱弱しいですね、
 まあ悠二がいなくなって落ち込むのもわかりますが、
 この場合いなくなったのではないですね、急にイメージが変わってしまったというイメージでしょうかね、
 しかしそれでも心の奥底ではまだあきらめていない部分があります、

 この巻では新キャラの紅世の徒が多く出てきて、イラストレーターさんも困ったようですが、フレイムヘイズも困りますね、
 しかしフレイムヘイズ側にも新キャラが登場します、
 それに加えて15巻のキャラの名前がちらほら・・・ おそらく近く登場でしょう、
 このようにして物語はつながるんですね、15巻は異色な感じでしたが、

 そしていよいよ次の巻からは戦いが始まるようです、
 間が空くのかもしれませんが気長に待ちます、

PS あとどことなくイラストレーターさんの絵が変わったような・・・

 評価 ★★★☆☆

よくわかる現代魔法アニメ化

 お前ジャンプスクエアの内部の人かというくらいのタイミングで、アニメ化してほしいカテゴリに書きましたね・・・
 自分は内部の人とは全く関係ありませんので、
 今日ジャンプスクエア読んだら気づきました、

 声優 野中藍
 アスラクラインでも声優やるようですし、忙しそうです、

明るい家族砲計画っ!

明るい家族砲計画っ! (ファミ通文庫 あ 4-3-1)明るい家族砲計画っ! (ファミ通文庫 あ 4-3-1)
(2008/06/30)
新木 伸

商品詳細を見る


 前の記事の続き見たくなってしまうかもしれませんが、好きなものは好きだからしょうがない、

 一応既刊2巻のレビューへのリンクを下に、もちろん自分のページです、

 明るい家族砲計画っ!1
 明るい家族砲計画っ!2
 以下ネタバレ


 お前イラストで釣られただろ、といわれるかもしれないですが、今やイラストは釣り餌ではなく、ましては小説のおまけではなく、本の中で非常に大きな地位を得ています、
 それはそれとして、ストーリーですが、

 主人公拓真は家が隣の幼なじみの美奈と、はたから見ればカップルのように見えるくらいに親しく付き合っていました、(付き合っているという意識はない)
 そんなある日、突然宅配便でやってきたのは卵、
 それを温めて孵してみると、中から女の子が、
 どうやら未来から来た拓真の娘のようです、 そして母親はなんと美奈、
 将来の結婚相手が美奈だと知ったとたんに意識してしまう拓真は、どのように美奈と付き合うかわからず知らずのうちに距離を取ってしまいます、
 美奈も奥手なので、拓真に嫌われたと思ってしまい・・・ という悪循環、

 それからうまくおさまるまでが1巻です、
 で、2巻は、前の記事で書いたので省略、

 個人的に女の子の一人称がボクというのには、少し違和感があるのですが、それも気にならないほど個人的に好みです、
 刊行ペースも安定しているようですし、順調にいってほしいです、

明るい家族砲計画っ!2

明るい家族砲計画っ!2 (ファミ通文庫 あ 4-3-2)明るい家族砲計画っ!2 (ファミ通文庫 あ 4-3-2)
(2008/10/30)
新木 伸

商品詳細を見る

 作 新木伸  絵 さそりがため  ファミ通文庫
 
 楽しみにしてる本は順番すっ飛ばしても読みます、
 ネタバレ





















 一時期プロフィールにも採用したこのシリーズ、続巻が出ました、
 今回の話は違う未来から別の妻がやってくるという話です、
 前回のラストでの告白を覚えてないというのは、まあ前の巻でもそんな感じでしたから別に驚くことでもありません、
 それにしても拓真と美奈のカップルぶりはすごい、
 序盤からもはや夫婦だろうというくらいに、息がぴったり、
 ヒカリがいるということもありますが、
 そんなアツアツかつ平和な3人に突如訪問者が、それが理央とヨミの二人、
 正確には二人ではないですが便宜的に二人、
 話の中ではツンデレといってますが、理央はたとえばシャナのようなツンデレではないですね、
 好意はきちんと表現していますし、ライバルをいびったりもしています、
 つまりはお嬢様ですね、

 拓真の不器用ぶりや、理央のいびりによる美奈の自信喪失のあたりでは、また距離が開いてしまうのではないかとはらはらしたものですが、二人の中も一歩前進したようでよかったです、
 というか告白はしてないけどもはや完全に付き合ってますね、

 細部でいうと、風呂での理央の描写細かいなあ・・・
 未発達の体と1言で終わらせるのではなく1ページ丸々使っての描写はいやにリアルです、

 評価 ★★★★★

 久々の5つ星、続きが楽しみです、

10月のアクセス解析

 せっかく解析機能つけたので、あまり詳しくならない程度に書いてみようかと思います、
 あまり詳細に書くと来なくなるかもしれないので、

 トータルアクセス 229 日別最多 7日 20
・・・まあこのくらいでしょう

 言語 日本語いっぱい 少し外国語  地域で別の国の方が少し来ていました、
 都道府県は省略

 ブラウザ IE・・・167  firefox・・・53  Opera・・・5  Safari・・・2  Chrome・・・2
 特にコメントなし、

 検索キーワード
1位は アウフヘーベン ここのタイトルで来てる人が多いみたいです、
そして2位は 「死神のキョウ」 2巻は今月発売ですが感想を見たい人が多かったのでしょうか、
あの記事なぜか拍手1位独走中ですし、
3位「生徒会の一存 漫画」4位「生徒会の一存」 二つ足すと2位になります、
 漫画は見てないので感想はないですが、こういうところでも人気ですね、

 後中位で気になったのは、「トマスモア ユートピア」「イリヤの空 DS クイズ 答え」とかですかね、
 よくわからないキーワードの人もいますが、それでヒットするエンジンが悪いということに、
 ちなみにエンジンはgoogleが1位で2位がyahooでした、

 全体の感想
 もっとアクセスが増えれば楽しくなるのでしょうけど、

ヒツギでSOSO!

ヒツギでSOSO! (ファミ通文庫 ふ 4-1-1)ヒツギでSOSO! (ファミ通文庫 ふ 4-1-1)
(2007/06/30)
文岡 あちら

商品詳細を見る

 文化の日更新、
 
 作 文岡あちら  絵 よう太  MF文庫J
 ネタバレ



















 電撃ならパンチラを出しそうな絵だ、
 実際に絵師の同人誌ってパンチラどころかすごいことしてますしね、

 話としては未来が舞台になっています、
 未来の処刑執行人を育てる学校の生徒が主人公、
 主人公の男と、その男が好きな世話好きの女(年上)の二人が主な登場人物です、
 その二人がその学校で処刑を執行したボスのグループの残党に人質となり、生き残るために葬儀をするという取引を持ちかけて、話は進んでいきます、
 葬儀のためにボスの身元を調べていくうちに、隠された事実へとたどり着きます、
 
 最初の2ページなんてすごいシリアスな感じですが、そこはさすがMF文庫J、2代目ボスが女の子だったりしていて、きちんと読者に媚びうる期待にこたえています、
 
 葬儀や悪人との話になるのでどうしても死人が出てしまうのは仕方のないことでしょう、
 
 エピローグでの二人の行動は多少駆け足な感じですが、1巻できちんと完結できていますし、構成もいいのではないでしょうか、

 評価 ★★★★☆

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

スパイシーからあげ

Author:スパイシーからあげ
二人乗りの車っていいよね、助手席に荷物置けば簡単に手が届くしたくさん荷物もってけるし、駐車場にも止めやすい、
と、本気で思っている人間

 
 

FC2 Blog Ranking

 現在コメント機能凍結中なので感想コメント等は拍手ボタンを使ってください 
 (6月追記一番上の記事のみコメント投稿可能になっています)
 基本リンクフリーですが知らせてもらえるといとうれしです
現在このページにリンクを張っていただいているブログを2つ確認していますが、 要請がない限りこちらからはリンクは張りません、




無料レンタル





一日の最高アクセス数 88人 2008年8月11日
カレーラムネのおかげかと思ってたら電撃文庫総合目録2008のおかげでした

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。