アウフヘーベン

 日々感じていることを勢いのままに述べていくようなブログに見えます、 アウフヘーベン=矛盾する二つの要素の融合 例 これは円である+これは四角形である=円柱

2008-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がく×ぶる

がく×ぶる (集英社スーパーダッシュ文庫 ほ 1-15)がく×ぶる (集英社スーパーダッシュ文庫 ほ 1-15)
(2008/12)
本田 透

商品詳細を見る


 目の前にあるものから逃避しつつこちらを書いている現状、

 作 本田透  絵 相音うしお  集英社スーパーダッシュ文庫
 表紙 イカネタバレ






















 がく×ぶる とはがくがく×ぶるぶるだけでなく、学ラン×ブルマも含まれているんですね、
 実は著者の作品を読んだことがないのです、
 主人公は女性恐怖症を直したいと思っている少年、
 中学は男子校にいましたが、女性的な顔がたたり何度も貞操の危機に襲われたとか、
 そして高校進学を期にこの病気に立ち向かっていこうと、共学の高校へと進学します、
 ちなみに主人公は家族にも女性アレルギーを発症させてしまいまして、姉によくいじられています、
 唯一の例外が双子の妹で、彼女にだけはアレルギーが発症しません、
 そんなわけで高校では妹と中学からの友人三十郎に助けられながら入学式を終えます、
 そして教室で運命の出会いが、夙川可夢偉との出会いです、
 三十郎は可夢偉と主人公で病気を克服しようと提案します、
 ちなみにその中で学ランとブルマも出てきます、
 しかし主人公は愛されてるなあと思います、
 いい友人に恵まれ、家族全員に、母、姉、妹にも想われていて幸せ者ですね、
 姉は特に主人公に含める思いがあるようですし、妹はまだ自覚がないですが、主人公と一緒にいたいと思っているようですし、
 最後に主人公は病気を克服した…と思ったら新たな病気を発症させます、
 女性関係も複雑になりそうですし、続きが楽しみです、

 評価 ★★★★☆
スポンサーサイト

こえでおしごと!1

こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)こえでおしごと!(1) (ガムコミックスプラス) (ガムコミックスプラス)
(2008/12/23)
紺野 あずれ

商品詳細を見る


 大みそかになんて本レビューしてるのやら、
 しかし内容で差別するのはよくないことですね、
 作 紺野あずれ  ガムコミックスプラス
 烏賊ネタバレ





















 
 なんか店でプッシュしていた気がするのでかってみました、
 こういう衝動買いは自分でも少し減らそうと思っていて、自分の中でも少し抑制できていたのですが、年末は財布のひもが緩んでしまっていけません、
 で、とにかくあらすじ、
 主人公は16歳の女子高生、
 ある日会社に勤める姉に頼まれた仕事というのが「こえのおしごと」、つまり声優、
 しかし演じるのがエロゲのお仕事という、16歳なのに、
 話によると14歳のころからやらせようとしていたらしいのですが、それではまずいということで、結婚できる年の16歳となったらしいです、(それでいいのか、
 当然主人公は最初は嫌がります、ちなみにその辺の知識には疎い主人公、
 しかし姉の自分を思う気持ちに心動かされ、引き受け(てしまい)ます、
 ああいう●●なセリフは最初は言えずになかなか進みません、
 しかし主人公には特技が、
 トランスすると周りが見えなくなることと、もう一つです、
・・・・・・
 1巻のうちに主人公が結構成長した気がしますけど、そこまで長い連載じゃないのかもしれませんね、

 評価 ★★★★☆
 

ぷいぷい10!

ぷいぷい〈10!〉 (MF文庫J)ぷいぷい〈10!〉 (MF文庫J)
(2008/12)
夏 緑

商品詳細を見る


 ほんとにレビューしかしてないな、

 作 夏緑  絵 なもり  MF文庫J
 デハネタバレ





















 ついに2ケタ10巻到達、
 漫画もやっているわけだし人気も高いほうだとは思うのですが、主観では知名度がそれほど高くない気がしてしまうのはなんででしょう・・・
 話がそれますが、新刊情報紙の上半分の絵の女の子のうち二人がそっくりな気がしました、
 気になった人は見ればいいと思います、
 自分でスキャンとかする気はないので、

 話が戻って今回の話ですが、旅を続けるシエラ一行はタイに到着しました、
 そしてそれを追ってサロメ(ニャロメ)も入ってこようとしますが、香辛料に弱いというなんとも中途半端な弱点によって襲うことはできず、
 そんななか戦ったのは、村秘伝の書(レシピ)を盗んだという男を成敗するために、その村の女の子に手を貸すというものです、
 作り方見ている限り何とも甘そうな感じがしますが、東南アジアでは珍しくはないのでしょうかね、
 
 そして2話がこの巻の、この旅の急展開、
 たしかに110~111Pにそのようなフラグは出ていますがまさか本当に・・・ という感じでした、

 そういえばこの巻はいつにもまして豆知識が多かった気がします、
 チキンラーメンとかバーモントカレーとか死亡フラグとか、

 いよいよヘロディオンまで近づいてきました、
 戦力的にも不利なシエラ達の勝算はあるのでしょうか、
 11巻が楽しみです、

 評価 ★★★★☆

二人で始める世界征服

二人で始める世界征服 (MF文庫J)二人で始める世界征服 (MF文庫J)
(2008/11)
おかざき 登

商品詳細を見る


審査員特別賞らしいです、
 作 おかざき登  絵 高階@聖人  MF文庫J
 ネタバレ

























 お話としては、高校生の主人公が偶然出会った幼稚園時代の同級生とのお話です、
 彼女は幼稚園のころに助けてもらいそれをずっと覚えていたそうです、純粋だ、
 そして二人は図書委員に入って親睦を深めていきますが、ある日彼女(千紗)の両親が事故で亡くなってしまいます、
 なんとか元気づけようとした主人公に彼女が言ったことは、一緒に世界征服をしようということでした…

 悪役っぽくて実は悪役でないのが一人(1グループ)と、本当に悪役というのが一人、
 そうなると実は悪役でない悪役はどうなるかというのは大抵予想つきます、

 話としてもうまくハッピーエンドに終わらせたという感じですかね、
 ただ話の構成としては
1)主人公の過去を述べるシーンが唐突
2)主人公の性格の変化がやや急な感じ
 といったあたりが気になりました、
 さらに言わせてもらうと
1)絵師が下手になっている気がする
 高階氏は少なくとも「2409回の彼女」のときより画力が落ちている気がします、
 なんか適当というか、

 あと、幼なじみがかわいくないってどういうことよ・・・

 評価 ★★☆☆☆

SHINO ―シノ― 黒き魂の少女

SHINO ―シノ― 黒き魂の少女 (富士見ミステリー文庫)SHINO ―シノ― 黒き魂の少女 (富士見ミステリー文庫)
(2006/02/10)
上月 雨音

商品詳細を見る


 いそがしかったので久しぶりのレビュー、
 作 上月雨音  絵 東条さかな  富士見ミステリー文庫

 休刊の危機もうわさされる富士見ミステリー文庫
 ネタバレ


























 しかし本当に最近富士見ミステリーの刊行ペースを考えても、いつ消えてもおかしくないですよね、
 ミステリーからファンタジアに移った作家も何人もいますし、最近のミステリー文庫って既存の続巻くらいしか出てないような・・・
 それはそれで、そのいまだに出続けている貴重なシリーズがこのシリーズです、

 主人公は大学生、ヒロインは小学5年生・・・
 別にロリコンというわけではないようです、彼女の親から世話を頼まれている・・・ というわけでもなさそうです、
 何か責任を感じてるのでしょうか、

 話としては不可解な殺人事件(?)が起き、それに主人公の先輩が関係していて、主人公とその先輩は調査に、
 そしていつも鋭いヒロインの志野ちゃんは独自に調査を、
 世間ずれしているように見えてきちんとネット上では会話ができる志野ちゃんギャップ、
 そしてこの事件にはインターネットサイトが関係していました、
 そしてその管理人に会いに行った二人は・・・

 といった感じです、
 終盤はなかなか考えさせることを言ってくれていますが、それがミステリーなのかといわれると少し違う気もします、

『生きている限り、死ななければならないという矛盾』

 評価 ★★★☆☆

赤信号

 赤信号 みんなで渡れば こわくない
 犯罪歴 みんなで晒せば こわくない

 うまいと少しでも思った人は自省したほうがいい、

俺の妹がこんなに可愛いわけがない2

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈2〉 (電撃文庫)
(2008/12/05)
伏見 つかさ

商品詳細を見る


 続いてこれ、
 どう考えても実力以上に売れた1巻の続編が発売、

 作 伏見つかさ  絵 かんざきひろ  電撃文庫
 350P超えてるのに¥620に抑えたのはいいことだといっておきます、
 デハネタバレ


























 うーん、正直言って魅力を感じないヒロイン、
 あの怒り方が見ていて結構不愉快なんですよね、
 いくらなんでもあそこまでジコチュウなやついるのかなと思ったりします、
 今回の話は中編の集まりという感じ、
1、主人公と幼なじみのすれ違い
2、コミケ
3、仲直り
おもにこの3つです、一応他にもありますが省略、
 幼なじみとの話は、どう考えても主人公は幼なじみのことが・・・といった感じです、わかりやすい、
 ヒロインをニブチンという割に主人公も気づいていないと、

 コミケの話は、まあよくある話でした、 専門用語紹介するような感じ、
 その帰りに妹は仲違い、しかも妹の友人がその手のやつ(同人誌やらエロゲーやら)が大嫌いで妹の趣味をやめさせようとするとか、
 というかビッグサイトでの描写コワカッタヨ、

 そんな感じの話なのですが、個人的にはわざわざ小説で書くようなことなのかなって、
 なんか小説っぽくなかったので、正直あまり移入できなかったのかも、

 評価 ★★☆☆☆

 流行に流されない、

ベン・トー―サバの味噌煮290円

ベン・トー―サバの味噌煮290円 (集英社スーパーダッシュ文庫)ベン・トー―サバの味噌煮290円 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2008/02)
アサウラ

商品詳細を見る


 久しぶりな感じのレビュー、

 作 アサウラ  絵 柴乃櫂人  スーパーダッシュ文庫
 最近スーパーダッシュ多いな、
 ネタバレ、































 正直言ってかなり面白かったです、
 おおよその話を、
 主人公が閉店間際のスーパーへ行ってみるとそこには半額の弁当が、
 それを手にしようとした瞬間主人公の意識は飛びます、
 そして再び目が覚めると半額弁当はすでに無くなっていて、周りにはさながらバトルの後のような状況に、
 ここまで見てわかる人はわかりますが、そのスーパーでは半額弁当に命をかけるようなやつが、日日争いを繰り返しています、
 そこで主人公は豚、といった散々な呼称をつけられることに、
 しかし当然それで終わることはなく、主人公はそう呼んだ女(高校の先輩)の入っている同好会、HP同好会へとはいることに、
 そうしてから、他の人との無意識的な協力、別のグループからの誘い、などを経て、主人公は半額弁当とはいったい何かということに考えます、
 それはただの半額で売ってる弁当であればいいのか、
 主人公の葛藤、

 個人的にも上に書いていませんが文章の間の小ネタとかもいい感じでした、
 ラブコメ以外で5つ星にしようかと思いました、
 でも何かが少し足りなかったというような感じがするので仕方なく、

 評価 ★★★★☆

風邪ひいてました

 風邪ひいて土日寝てました、
 最近の風邪は胃腸にも来るようでしかるべきことになりました、

 いまは風邪は治ったけれど食欲がまだ本調子にあらず、

 しかも急に寒くなってきた感じがするので、フリースが恋しい季節です、
 あとフライドチキンとか二区万とか、
 書いてて食べたくなってきた、

 それはそれで、最近の話
 提携してるくせにmixiとpixivの進む方向が真逆でおもしろいです、
 まあ母体の差がありますが、これからどのように進んでいくのか、
 ああいうところだと足跡とかコメント気にしそうでいやだ、

Real Player

 このまえRealPlayerを最新型にしたらすごく進化しててびっくり、
 まえはほんとにrmvを再生するだけのツールという認識しかなく、実際そうだったのですが、いつのまにやらダウンロードツールをムリヤリダウンロードさせるツールを導入しようとさせるようになっていたんですね、
 あと早送り機能とかその辺の進化もびっくり、
 そうやって遅れてくんだなあと実感、
 

11月のアクセス解析

 せっかくなので今月もやってみます、

アクセス数
 トータルアクセス 337 日別最多 16日 23
 先月より増えたのはなぜでしょう

検索キーワード
 ”死神のキョウ”が16で1位
 ”アウフヘーベン”が2位でした、

 以下省略

裁判員制度

 令状が来たことを公表するのはまずいということは、来てないことを公表するのもまずいということでしょうか、
 来てない人を全員まとめれば来た人が分かりますし、

 ・・・

デンパ警察 浅墓ガクリ

デンパ警察 浅墓ガクリ (メガミ文庫)デンパ警察 浅墓ガクリ (メガミ文庫)
(2008/11/25)
兵頭 一歩

商品詳細を見る


 さぼり気味の更新、

 作 兵頭一歩  絵 しろの  メガミ文庫

 メガミ文庫は初めて読みました、
 実は1冊買ってあってまだ読んでないのがありますがスルー、
 ではネタバレ


















 世界の設定は現実とは別方向に進化した日本です、
 それによると東京だけで作れる電気が発見され、それにより日本はエネルギー大国に、
 そして電気を操る人も、一緒に登場、
 その人たちを取り締まるための、通称デンパ警察が登場しています、
 主人公はそのデンパ警察の10歳の女の子浅墓ガクリです、

 かわいいです、

 冷静じゃなくなると関西弁になるところで、榊原ゆいの声っぽく感じてしまったのは某ゲームのせいでしょう、

 ちなみにガクリは10歳ですが頭がいいので中学2年生です、
 その学校に転校してきた男(ビジュアルは非常に中性的)阿ギ原ダムが問題起こします、
 
 説明してありませんでしたが、デンパ警察の能力者は使い魔を召喚できます、
 その使い魔は当然能力者レベルに比例します、

 うーん、どこかで見たような話です、

 終盤はガクリの友人がダム(人間)にさらわれて、それを助ける話です、
 でも話単品での謎が解けていないのでどこか消化不良、

 評価 ★★★☆☆

灼眼のシャナⅩⅧ発売日

 時間がないので、
 電撃ブートレッグから、

 灼眼のシャナⅩⅤⅠⅠⅠは2月発売のようです、
 もうクライマックス突入していますし、作者としてはどういう心境なんでしょう、

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

スパイシーからあげ

Author:スパイシーからあげ
二人乗りの車っていいよね、助手席に荷物置けば簡単に手が届くしたくさん荷物もってけるし、駐車場にも止めやすい、
と、本気で思っている人間

 
 

FC2 Blog Ranking

 現在コメント機能凍結中なので感想コメント等は拍手ボタンを使ってください 
 (6月追記一番上の記事のみコメント投稿可能になっています)
 基本リンクフリーですが知らせてもらえるといとうれしです
現在このページにリンクを張っていただいているブログを2つ確認していますが、 要請がない限りこちらからはリンクは張りません、




無料レンタル





一日の最高アクセス数 88人 2008年8月11日
カレーラムネのおかげかと思ってたら電撃文庫総合目録2008のおかげでした

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。