アウフヘーベン

 日々感じていることを勢いのままに述べていくようなブログに見えます、 アウフヘーベン=矛盾する二つの要素の融合 例 これは円である+これは四角形である=円柱

2009-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍しいというか久しぶりというか

 なんだかんだでここ数カ月月ごとの投稿数が8件で一定となっているのですが、まあ偶然でしょう、
 そしてこの記事で今月も無事8件達成です、
 だから今月は更新しないということも、あるいは月10件を目指すこともあるかもしれませんが、どっちにしろ初期設定でホームページに10件表示されてるんですからここには月一のペースで十分ですね、
 いやむしろこなくてもいい、

 それはそれとして、今日のテレビで読書感想文について議論が行われていました、
 感想文嫌いがなぜライターにという突っ込みは番組でもいわれてたのでスルー、
 しかしわざわざ嫌いな読書をして感想を書く苦痛が意味がないという主張は甚だ意味不明、
 小中学生の読書感想文であれば、それほど難しい本を指定してくるとは考えにくいので、ちゃんと読めば理解できるでしょう、
 読んでも内容が分からないというのは、きちんと読み切れていない証拠です、
 きちんと読んでいないのに「内容が分からない」と言って嫌いになるというのは読み込み不足、あるいは理解力のなさをお茶の間で露呈していることにほかなりません、
 ゲストの人が「秋に読めばいい」と言っていましたが、夏休みだからこそまとまった時間がとれてより理解しやすくなるのではないですか、
 秋では平日などにあまり時間がとれずに、とびとびで読んでしまうことになりかねません、
 そうなると理解しにくくなるのは明白です、
 だから私は夏休みだからこそ読書をするべきであると思うんですけどね、

 しかし視聴者の意見は違ったのだった、
スポンサーサイト

カテゴリが多すぎる

 なんか無駄にカテゴリが多いので(←のやつ)たぶん統合すると思います、
 期限決めると面倒なのでいつかやるってことで、

 『化物語』レビューしてたかすっかり忘れてましたが、見返してみると1年半前にやってましたね、
 1年半前の割には比較的まともなことを書いている気がします、

 化物語(上・下)

 しかしまるで成長していない・・・

ぷりぷり!!

ぷりぷり!! (MF文庫 J な 1-28)ぷりぷり!! (MF文庫 J な 1-28)
(2009/08/21)
夏緑

商品詳細を見る


 どんな風にストーリーが続くのかと思っていましたが、2学期に無事入りましたね

 作 夏緑  絵 なもり  MF文庫J
 以下ネタバレ




















 前巻まででヘロデ王を倒し、さらには日本に帰ってきていた一行でしたし、その時点でアルフのことくらいしか懸案事項はありませんでしたけどね、
 で、この巻からは新シリーズとなり、なんとタイトルまで微妙に変わっています、
 これで数字もリセットされたんですね、
 とりあえずこの巻では、新章に入ったということで導入部分の感じが強いですね、
 新キャラが登場したり、ほとんど魔物キャラというのが登場しません、あとアルフが元に戻りました、
 その新キャラは、一人は男の子っぽいかわいい女の子で、なぜか陣にくっつきます、
 シエラも穏やかじゃないですね、
 もう一人はお嬢様で、こちらもシエラのライバルですね、吹奏楽部の部長のようです、
 で、肝心のシエラはいろいろあって魔法が使えなくなっていますが、体質に変化が、
 なんと気分が高揚すると(つまりいらいらすると)周りにあるものが爆発するという体質に、
 より危険ですね、 エクスプロージョンとか言わない、

 で、この巻の二人ですが、なんだかんだいっても二人はつながってますね、
 どことなく周りの人にもそれが感じられてきたようで、たとえ途中ではすれ違っても、きちんと気持ちを伝えられれば関係はよくなります、

 二人とも気遣いするタイプだから逆に遠慮してしまうんですよね、

 しかし爆発でますますゼロの使い魔っぽいとか言われそうだなあ、

 PSアメリカンドッグ食べたくなりました、

 評価 ★★★★★

インフルエンザ

 社会ではインフルエンザが蔓延しているようですが、たしかに店の前に消毒液が置いてあるというのに手につける人は少数派ですし、実際におおごとになってみなければあわてないですよね、

 上陸前にさんざん騒ぎましたが、あの時「騒ぎすぎだ、もっとどっしりと構えないと、」と言っていた人は今はどのようなことを言っているのか気になるところです、


 とりあえず気をつけよう…

緋弾のアリア

緋弾のアリア (MF文庫J)緋弾のアリア (MF文庫J)
(2008/08)
赤松 中学

商品詳細を見る


 このカテゴリ久しぶりです、
 しかしこの本読んだことがないんですよね、

 作 赤松中学  絵 こぶいち  MF文庫J

 27日発売のコミックアライブ10月号からコミック新連載が始まるようです、
 夏コミにおいても抱き枕カバーが発売されていましたしね、
 たしかメディアファクトリーブースの抱き枕カバーは『ゼロの使い魔』と『まりあ×ほりっく』とこれだったと思うので、

 しかし最近のMFが頑張っているのはわかるんですけど、この勢いが維持できるのか心配です、
 新刊を電撃並に出し、メディアミックスも積極的で、
 なのでこのままどうなるのかなと、観察は続きます、

 PS 一応お盆に更新できました、

俺の妹がこんなに可愛いわけがない4

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈4〉 (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈4〉 (電撃文庫)
(2009/08/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る


 レビューなのかわからないけど一応普通の人の書いた記事についての感想を言っているtwitterが今行われています(現在進行形)、
 わからない人はとりあえずここ
 今のところ考察をした感じの記事が取り上げられてる感じがします、
 つまりここは最初から無理と、

 作 伏見つかさ  絵 かんざきひろ  電撃文庫
 いつもより重大なネタバレあり注意






























 というわけで広告でもいわれてましたが第1期のクライマックスといった感じの話です、
 表紙の桐乃のポーズがなんとなく『狼と香辛料Ⅻ』と似てる気がしますけど、まあたぶん合わせたんでしょうね、
 で、この巻は4章構成ですが、
 まあ後半2話の印象が強くて前半2話の印象が薄いです、
 いや小説はこう言うものか、起承転結があれば転と結をみんな感じますもんね、
 それに加え、これまでいろいろと頑なだったキャラクターが柔らかくなるというのが余計印象的だったというのもあるでしょう、ごめん麻奈実、
 前巻からかわいい黒猫のかわいさも健在ですしね、
 そしてこの巻の最後、桐乃がいきなり遠くへ、
 行く前の最後の思い出作りというのが京介とというあたりが、やはりこれまでの相談の結果なんでしょう、
 そして黒猫は京介の高校へ、
 こんな感じで黒猫との距離が縮まり、桐乃との距離は肉体的にはずいぶん離れてしまいました、
 まあメールもありますから、黒猫との口げんか半分な会話は健在でしょうけど、相談みたいなことを、桐乃はしない気もしますね、
 あれだけ親を納得させるのに頑張ったんだから、それで相談はプライドが許さない気がします、
 まあこれからの話は次が出るまで待つということで、
 
 まあ次の話も桐乃メインでしょうと思います、
 いきなり表紙が黒猫になったらそれはそれで面白いですけど、

 評価 ★★★★☆

かしこみっ! 1 かみさまは氏子募集中ですが、なにか!?

『俺の妹がこんなに可愛いわけがない4』のキャンペーンやらなんやらが延期したらしくてせっかく読み終わってるのになんとなくあまり書く気が起きないという、
 こんな過疎地に来るわけないのにね、
かしこみっ! 1  かみさまは氏子募集中ですが、なにか!? (富士見ファンタジア文庫)かしこみっ! 1 かみさまは氏子募集中ですが、なにか!? (富士見ファンタジア文庫)
(2009/07/18)
尼野 ゆたか

商品詳細を見る


 なんか値段が高い! って尼のリンク張った時に気付きました、
 いろんなのといっしょに方から一つの値段あまり気にしないんですよね買うとき、
 作 尼野ゆたか  絵 bb  富士見ファンタジア文庫
 ネタバレ






















 多少ストーリーが強引な気がするのは神の力でしょう、
 主人公は女顔の神社の一人息子です、
 そんな主人公のもとにある日突然神様と名乗る少女が出てきます、
 その少女が言うには神様に協力しなさいとのこと、

 まあ神様も主人公を無視して結構好き放題やっていますけど、
 でも主人公に嫌われることは恐れるんですよね、
 そういった事情もあります、

 最初にもいいましたがなんだかんだあっても結局はみんなハッピーエンドというのは多少強引かもしれません、
 あと間延びしたしゃべり方は嫌いです>主人公の幼なじみ

 評価 ★★★☆☆

荒瀬はるか、容赦なし!

荒瀬はるか、容赦なし! (MF文庫 J く 2-6) (MF文庫J)荒瀬はるか、容赦なし! (MF文庫 J く 2-6) (MF文庫J)
(2009/07/25)
熊谷 雅人

商品詳細を見る


 更新してないのは怠け9割です、
 で、久々のレビュー、
『ネクラ少女は黒魔法で恋をする』から新作を待ってましたー、
 同人誌に短編を書いていた気もしますがそれは置いておきます、

 作 熊谷雅人  絵 魚  MF文庫J
 デハネタバレ






















 確か発売スケジュールではこの本のタイトル『化物部』って名前だった気がするんですけど、
 直前で上からストップでもかかったんですかね、
 一応作品内に化物部(通称)が出てきますのでその点は問題ないのですが、まあいろいろとまずかったんでしょう、
 では作品について、
 主人公は退魔師の家系に生まれた男子高校生、
 しかしこれまで未だに魔物を狩ったことがないという、主人公によくいるヘタレ属性を持った人です、
 そんな主人公は高校でも目立たずに過ごそうと思った矢先に、すごい美人に目を奪われます、
 その人について行った先は旧校舎、
 その美人の正体を知ったこと、そして同級生の退魔師荒瀬はるか(表紙に写ってる子です)と出会ったことで主人公の学校生活は一変します、

 しかしはるかは毒舌ですね、
 毒舌の中の優しさというものがなかなかに見えないというか、
 いや主人公がヘタレすぎるというのもあるかもしれませんが、
 まあ最後には主人公も少し成長したみたいですし、一件落着といった感じですか、

 評価 ★★★☆☆

 しかし最近のMF文庫Jの発売ラッシュは異常、


※綾瀬はるかではなく、荒瀬はるかです、念のため

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

スパイシーからあげ

Author:スパイシーからあげ
二人乗りの車っていいよね、助手席に荷物置けば簡単に手が届くしたくさん荷物もってけるし、駐車場にも止めやすい、
と、本気で思っている人間

 
 

FC2 Blog Ranking

 現在コメント機能凍結中なので感想コメント等は拍手ボタンを使ってください 
 (6月追記一番上の記事のみコメント投稿可能になっています)
 基本リンクフリーですが知らせてもらえるといとうれしです
現在このページにリンクを張っていただいているブログを2つ確認していますが、 要請がない限りこちらからはリンクは張りません、




無料レンタル





一日の最高アクセス数 88人 2008年8月11日
カレーラムネのおかげかと思ってたら電撃文庫総合目録2008のおかげでした

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

カレンダー

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。