アウフヘーベン

 日々感じていることを勢いのままに述べていくようなブログに見えます、 アウフヘーベン=矛盾する二つの要素の融合 例 これは円である+これは四角形である=円柱

2009-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えでぃっと!―ライトノベルの本当の作り方?!

えでぃっと!―ライトノベルの本当の作り方?! (一迅社文庫 み 4-1)えでぃっと!―ライトノベルの本当の作り方?! (一迅社文庫 み 4-1)
(2009/09/19)
箕崎 准

商品詳細を見る


 どこかで誰かが宣伝していたようですね、
 作 箕崎准  絵 蒼魚真青  一迅社文庫
 そういえば一迅社文庫ってそのまんま名前を冠してますね、レーベルに、
 ということは後々一般向けのを出す時に少し困るのではないかと思ったりしましたが、そもそも一迅社はそういう一般向けの文庫を出さないのかもしれませんね、

 いかネタバレ






















 一迅社文庫が高いというのは毎回言ってきていることなので、次からは言わなくなると思います、
 そんなわけでストーリー、
 主人公は高校生のライトノベル作家、一迅社文庫大賞を受賞したという設定です、
 その主人公を中心に、幼なじみ、編集者(女子校生)、イラストレーター(クラスメイト)、ついでに神様というメンバーで進んでいきます、
 まあ最近流行っているような『バクマン』とか、そういった潮流に位置するのではないかと思います、
 結構内側のことまで書いてありますしね、内側知りませんけど、
 
 というより今回楽しみだったのは挿絵の蒼魚真青氏の絵であったり、
 自分の中ではあの『学校を出よう!』以来久しぶりに見たので(昨年読み切りがありましたが、あんな6ページくらいのやつは忘れました)、絵柄とか少し心配だったのですが、大枠は変わっていないようだったので安心しました、
 これで谷川先生が復帰すればいつでも『学校を出よう!』の続巻は書けますよね!

PS来月はいよいよ『死神のキョウ3』が出ますね、
 評価 ★★★★☆
スポンサーサイト

ヒメゴトシステム

ヒメゴトシステム 1  先輩、セップクです! (角川スニーカー文庫)ヒメゴトシステム 1 先輩、セップクです! (角川スニーカー文庫)
(2009/02/01)
神崎 リン

商品詳細を見る


 なんとこのカテゴリに書いたの今年初ですよ、
 二つ似たようなカテゴリあるので後で統合した場合のことを考えると二つ目ですかね今年、

 作 神埼リン  絵 千葉サドル
 この作者の前作、イチゴ色禁区も好きだったので新作は楽しみにしていました、
レビュー→イチゴ色禁区2 イチゴ色禁区3
 イチゴ色禁区はあの文倉十氏がイラストを担当していますが、すっかり狼と香辛料に差をつけられてしまいましたね、まあそれはおいといて、

 話としては、多少電波な女の子の行動に振り回される主人公って感じです、
 とはいっても女の子は当然大真面目なわけです、
 そして主人公はなんだかんだ言って協力するんですよね、
 主人公の周りにも個性的な人物が、
 所属する放送部の部長や、正義感の強い腕っぷしの強い友人、そして主人公を溺愛する義理の兄、
 主人公を溺愛する義理の兄って、もしや一部ではよくあるシチュエーションなんでしょうか、
 いやよく知らないですけど、
 ラブコメに分類されるこの作品ですが、比較的色は薄めな気もします、
 2巻の最後の方では結構ストレートに描写されていましたけど、

 イチゴ色禁区が3巻で終わってしまい多少残念なところでの新作ですから、できれば巻数を重ねてほしいものです、
 そのためにはファンレターでも送ればいいんですかね、送らないですけど、

ヒメゴトシステム 2 ご乱心スクールデイズ

ヒメゴトシステム 2  ご乱心スクールデイズ (角川スニーカー文庫)ヒメゴトシステム 2 ご乱心スクールデイズ (角川スニーカー文庫)
(2009/09/01)
神崎 リン

商品詳細を見る


 スクールデイズ いや何でもありません、

 作 神埼リン  絵 千葉サドル  角川スニーカー文庫
 いかネタバレ
























 面白いですねー、正直あまりプッシュしている人を見掛けないのですが、なかなかいいと思います、
 イラストもある程度広く受け入れられそうな感じですし、
 では今回のあらすじ
 前巻である程度は学校から受け入れられた琴音、そこに琴音を「お姉さま」と慕う女の子が現れます、
 彼女の話によると二人は一緒の学校に行くと約束した間柄だったのに、琴音が勝手に別の高校へ行ってしまったとか、
 しかし琴音には琴音の事情があるわけで、前巻で述べられた城奪還計画についてもある程度詳細が述べられます、

 一方女の子(希美子)は琴音が文化祭で優勝することを学校に残る条件として付けてきます、
 しかも妨害までして、
 それでも隆司の助力もあってある程度は形になってきました、
 
 そしてこの巻でもうひとつ語られるのは隆司の過去です、
 義理の兄との関係であったり、子供の時に何があったのかといったことです、
 なかなかに大変な過去を持っていますね、

 そして終盤にはまさかの隆司が希美子側につきます、
 琴音にしては一番信頼している人に裏切られたという感じですから、どうなってもおかしくないのに、その気持ちを隆司への対抗心に変えて頑張ります、
 やっぱり頑張る女の子っていいですよね、

 とくに帰ったという描写はないので、次の巻で希美子もおそらくあの部のメンバーに入るのでしょう、
 そして隆司をめぐる争いでは琴音がリードといった感じでしょうか、
 というか表紙なんだからもっと部長さん活躍しましょうよ、

 評価 ★★★★★

前も書いた気がする

 まえZ.ARDの方がなくなった際も、何でもかんでも不謹慎というのは以下略みたいなことを言った気がします、
 たとえばここで固有名詞をはっきりと記してしまったら、アクセス稼ぎといわれて非難される可能性もあります、

 何を言おうと思っていたのか時間がたって忘れてしまいました、
 たとえば投稿サイトのようなところで、関連したものを投稿したりすることは別に問題ないですよね、
 そりゃあまりにもアクセス稼ぎみたいなものだったらどうかと思いますけど、

 結局需要はあるわけで、 昨日本屋でその漫画の特別版(多分大きいサイズのやつ)を予約している人もいましたしね、

 結局今日のはいつにもまして意味不明ですね、

気を取り直し

 アクセス解析見てたらgoogle il つまりイスラエルから来た人がいたみたいです、
 検索ワードは省略、

 もちろんそこを大にして別の国の人がやったという可能性もあるので何とも言えませんが、
 一応地域を調べてみたところではイスラム地域のサーバはありませんでした、

 てなわけで8件達成です、10件の壁のために…

問題提起に見せてただの愚痴

 というわけで愚痴なので見たくない人は見ないほうがいいです、


 生というか、ネット配信って流行ってますよね、
 たとえばスカイプであったり、あとはニコニコ生放送であったり、
 なんかどちらか終わった気がしますけど、その辺は気にしない、
 で、私も動画サイトは利用しますので、ニコニコ生放送とやらを見てみました、
 ・・・
 ・・・・・・

 うーん、自分には合わないという感想、
 私もチャットとか、人の顔が見えない状態での会話ということは経験があり、これも似たようなものだと思ってましたが、いかんせん合いません、
 その生放送の内容が悪かったのかもしれませんが、ここで名前を出して攻撃することは明らかに問題があるので控えます、

 しかしニコニコ生放送というものを見てみると、数千人規模で集まっているところもあります、
 でもそれでもすることは4時間以上の生放送なんですね、
 もちろんオフというものをしているところも多いでしょうが、してないところだってあります、
 なんとなく数を集めてその中の中心にいる余韻に浸っているという風に感じてしまいました、
 
 ネットゲームの問題を見てみると、ネットはのめりこみやすいですからね、
 人がどのように生きようと、他人に迷惑をかけない限りなるべく自由であるべきだとは思いますが、
 周りの声に耳を傾けるのは社会の中では必要なのではないかと思います、

 PS 追記のほうに書けばよかったかもしれません、

あんまりいうことじゃない

 あんまり自分が言うことでもないんですけどね、
 法務大臣が死刑執行廃止派とか、財務大臣が就任直後?から軽い発言をし、
北朝鮮のに署名した人が国家戦略に携わってるとか、
 ほかにも若い人にわざわざ大きい省庁担当させるとかいろいろありますけど、

 3か月は試用期間なのかなあ・・・


PS今月こそ8件行進の壁を破りたいです

灼眼のシャナⅩⅨ(19)

灼眼のシャナ〈19〉 (電撃文庫)灼眼のシャナ〈19〉 (電撃文庫)
(2009/09/10)
高橋 弥七郎

商品詳細を見る


 19のローマ数字ってかなり特殊ですよね、
 作 高橋弥七郎  絵 いとうのいぢ  電撃文庫
 OVAと同時期に出せばいいのになんて思ったり、

 以下ネタバレ注意






















 どんどんシャナが強くなっていますねー、
 いや悠二にはかなわないか、
 前巻でどことなく勝機を見つけたかに思えたフレイムヘイズ軍ですが、この巻では再び紅世側の反撃を受けつつあるような感じです、
 サブラク強いですね、1対3なのに互角以上に戦うなんて、
 あと15巻ででてきたサーレがいつ出てくるのかと思ってたら出てきました、
 キアラもいつの間にか貫禄が出てきていて、関係も変化しているという、
 なんとなくサーレは頭が切れそうなキャラの感じがするので、これから外側の戦いで活躍するんじゃないかなあという感じです、
 一方祭礼の蛇を止めに行ったシャナですが、結局復活は止められず、でかい蛇が出てきます、
 そしてそれが戦場の上空に現れたものだから、徒とフレイムヘイズのテンションは変わります、

 うーん、次の巻ではフレイムヘイズが苦戦しそうな感じです、
 一応デカラビアは戦死し、サブラクは最後にどこかへと行ってしまいましたけど、仮面舞踏会が残ってますしね、
 しかし次の巻は20巻ということで過去編になります、
 あとがきを見ると、完全に過去というわけではなく現代とも絡めるようですが、

 いつまで続くんだろうこの戦いは、

 評価 ★★★☆☆

ぽえーん

 どせいさんぬいぐるみかわいいです、

学校の階段 10

学校の階段 10 (ファミ通文庫)学校の階段 10 (ファミ通文庫)
(2009/07/30)
櫂末 高彰

商品詳細を見る


 買ったまま放置していたのですが、昨日読み終わりました、
 この巻で完結ですね、さびしい
 作 櫂末高彰  絵 甘福あまね  ファミ通文庫
 ネタバレ注意























 ついに終わってしまいました、
 この巻でも階段部がピンチになります、
 ピンチになるのはいつものことですが、今回は幸宏にも少し原因がある気が、
 幸宏ってなんか不器用ですよね、他人に頼るべき時に自分ひとりでため込んだりしてしまったり、
 何も言わなくては誰とも良い関係は持てませんからね、

 結局階段部ピンチ云々はジョークと言いますか、そういった類のものでしたし、幸宏はピンチに立ち向かっていく中で自分を見つめ直すことに成功しました、
 そして刈谷との階段レース、決着は、

 その後卒業式であったり、幸宏をめぐる関係では三島と御神楽の距離が、縮まったというか火花が散ったというか、
 御神楽は結局副会長なんですね、
 それと遊佐は結局なんだったんだろうなーって感じです、前巻までで何か企みましたっけ、
 この巻ではあるシーン以外あまりでてきませんし、何を考えていたのかわかりませんでした、

 そしてエピローグで「風が吹いた」

 評価 ★★★★☆
 無理に人間関係に決着をつけるよりかは、このくらいの方がいいですよね、

みすぷり!

みすぷり! (メガミ文庫)みすぷり! (メガミ文庫)
(2009/07)
SOW

商品詳細を見る


 よし、宣言通りかけた
 作 SOW  絵 駒津えーじ  メガミ文庫
メガミノベル大賞金賞&こつえー賞受賞作品です、
 ネタバレ注意
























 主人公のイラスト、『まぶらほ』にこんなキャラいたなあ、
 調べてみたら仲丸のイラストに似ている気がします、性格は違いますけどね、
 主人公は腕っぷしが強いゆえに誤解されやすく、友人は少ない方のようです、

 その主人公のクラスに転校生が、なんと主人公元譲のかつてのクラスメイトがきます、
 それがかなりの美少女ということでクラスは大盛り上がり、
 しかしその転校生ソアラを見て主人公は「おかしい」と思います、
 なぜならソアラは男だったから、
・・・ 
 という話です、
 ソアラが国のお姫様(実際は性別不明)ということになっており、裏では何やらきな臭い動きが、
 ソアラも表面上は明るくふるまいますが、実際は何か思うところがあるようで、
 そういった秘密は後半で明らかになっていきます、
 その間元譲とソアラはデートをしたり、ソアラはピンチになったり、
 そのピンチの時の回想シーンで、なんとなく物語の背景と、ソアラの性別がわかった気がします、
 つらい過去があったんですね、今もつらいみたいですけど、

 まあ応募作という完結作品を次につなぐように微妙に改編したのでしょうし、その辺は気にしません、

 評価 ★★★★☆

 おかしい、主人公にしっかした妹キャラがいたのにあらすじに入っていない・・・
 好みのキャラだと思うのに、

どうでも

 今日の夜に2冊のレビューをします、 と書いておいて自分にプレッシャーをかけておく、
 寝る前に書こうと思っていたことって忘れちゃいますよね、

PS 検索ワードを見るとトレス問題の某絵師をワードで来ている人がいて、いったいなぜだろうと思ったらその絵師がイラストを担当した本を読んでいたんですね、
 そんなことでもヒットしてくれるなんて
七夕ペンタゴンは恋に向かない

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

スパイシーからあげ

Author:スパイシーからあげ
二人乗りの車っていいよね、助手席に荷物置けば簡単に手が届くしたくさん荷物もってけるし、駐車場にも止めやすい、
と、本気で思っている人間

 
 

FC2 Blog Ranking

 現在コメント機能凍結中なので感想コメント等は拍手ボタンを使ってください 
 (6月追記一番上の記事のみコメント投稿可能になっています)
 基本リンクフリーですが知らせてもらえるといとうれしです
現在このページにリンクを張っていただいているブログを2つ確認していますが、 要請がない限りこちらからはリンクは張りません、




無料レンタル





一日の最高アクセス数 88人 2008年8月11日
カレーラムネのおかげかと思ってたら電撃文庫総合目録2008のおかげでした

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

カレンダー

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。