アウフヘーベン

 日々感じていることを勢いのままに述べていくようなブログに見えます、 アウフヘーベン=矛盾する二つの要素の融合 例 これは円である+これは四角形である=円柱

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“菜々子さん”の戯曲 Nの悲劇と縛られた僕

“菜々子さん”の戯曲  Nの悲劇と縛られた僕 (角川スニーカー文庫)“菜々子さん”の戯曲 Nの悲劇と縛られた僕 (角川スニーカー文庫)
(2010/07/31)
高木 敦史

商品詳細を見る


 作 高木敦史  絵 笹森トモエ  角川スニーカー文庫
 久々のレビューですねー

 もう見てる人もいないでしょうが
 ネタバレ



















 全文無料ウェブ公開をしていたことで多少話題になったと思います、
 しかし特に序盤の文章はかなりの読みづらさがあることに加えて、PCで本を読むことに対する違和感を感じるので、慣れている人でないと読み進めるのは難しいかなと思います、
 i-Padとかそう言うのに慣れてる人なら問題ないんでしょうけどね、

 で、肝心の中身です、
 主人公はこういった小説にしては珍しく小学生です、
 まあ菜々子さんはかなり小学生離れしていますが、いや坪手くんもですね、
 話としては、3年後の世界からプロローグが始まり、事件が起きた3年前の話が進んでいく感じです、

 菜々子さんは何故本当の名前を失ったのか、
 坪手明(主人公)はなぜ体の自由を失ったままなのか、 そうしたことがだんだんと明らかになっていきます、

 しかしこの二人仲いいですねー、 これは教室にいればからかわれるのも自然という気もします、
 しかしこの学校いじめにしろ、児童の性格にしろ結構陰険な感じもしますけど、これが今では普通なんですかね、
 まあ男子から女子へのというのは性差別するつもりはありませんが、絶対に問題となるでしょうけどね、

 で、その二人ともう一人いるのですが、計3人が失った事件を起こした犯人は誰だったのか、
 主人公がベッドにいる時傍らで菜々子さんが推理を披露します、
 それに耳を傾ける主人公、しかし主人公はその推理の矛盾に気づいてしまいます、

 『彼は彼女を疑っている』
 このことこそが物語の重要なキーワードとなります、

 評価 ★★★★☆

 面白かったですー
スポンサーサイト

トラックバック

http://0805267.blog90.fc2.com/tb.php/585-ca1f5ba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

プロフィール

スパイシーからあげ

Author:スパイシーからあげ
二人乗りの車っていいよね、助手席に荷物置けば簡単に手が届くしたくさん荷物もってけるし、駐車場にも止めやすい、
と、本気で思っている人間

 
 

FC2 Blog Ranking

 現在コメント機能凍結中なので感想コメント等は拍手ボタンを使ってください 
 (6月追記一番上の記事のみコメント投稿可能になっています)
 基本リンクフリーですが知らせてもらえるといとうれしです
現在このページにリンクを張っていただいているブログを2つ確認していますが、 要請がない限りこちらからはリンクは張りません、




無料レンタル





一日の最高アクセス数 88人 2008年8月11日
カレーラムネのおかげかと思ってたら電撃文庫総合目録2008のおかげでした

最近の記事

最近のトラックバック

月別アーカイブ

FC2カウンター

 

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。